結婚式場ならマイナビウエディング > ブライダルフェア・試食会を探す > ブライダルフェアで後悔しない服装選びのポイント

シェア

この記事を書いた人

編集者K

仕事とK-pop大好きの既婚編集者。結婚式は都内某ホテルで130名招待しました。そんな経験も踏まえて役立つ情報をお届けします!

ブライダルフェア

ブライダルフェアで後悔しない服装選びのポイント

press bridalfair.jpg

結婚への気分が一気に高まるブライダルフェア。でも、初めてブライダルフェアに参加するという人は、どんな服装で行けばいいのか悩んでしまうのではないでしょうか。フォーマルのほうがいいの?それともカジュアルでOK? ブライダルフェアの内容やスケジュールは紹介されていても、服装の情報はなかなかありませんよね。大切な結婚式の第一歩ともいえるブライダルフェアで後悔しないように、女性・男性の服装選びのポイントをご紹介いたします。

記念日ディナーぐらいのキレイ目スタイルが目安

ブライダルフェアでは、特にドレスコードは決められていませんので、どのようなスタイルだとしてももちろん入場は可能です。しかし、ラグジュアリーな結婚式場の雰囲気に合わせて、女性ならワンピースやトップス&スカートなどフェミニンなスタイルが一般的。デニムを着る場合でもジャケットを合わせるなど、キレイ目にまとめるようにしましょう。男性も同様で、ジャケットやカーディガン着用などカジュアルすぎないスタイルで。女性・男性ともにディナーに出かけるぐらいのスタイルが目安です。模擬挙式がある場合も、同様の服装でOK。

ブライダルフェアには普段着で参加する人も多いので、それほどフォーマルな格好をする必要はありませんが、ダメージデニムや男性の短パン&サンダルのようなラフすぎる服装は控えましょう。ただし、高級レストランなど施設によってはブライダルフェアや下見でも入店の条件としてドレスコードを設けている場合がありますので、不安な場合はホームページやブライダルフェア予約時などに確認してくださいね。

【まとめ】
女性は上品なワンピースやトップス&スカート、男性はジャケット着用が安心!

本番さながらの模擬挙式を体験できるブライダルフェアを探す

冬は持ち歩きやすいコートで。夏は冷房対策を忘れずに

冬であれば会場内が暖かく、コートを持ち歩くこともあります。厚手のものやロングコートはかさばり邪魔になりますので、コンパクトなものを選ぶのもポイント。また、夏は会場の冷房が効きすぎていることも。長時間会場にいて具合が悪くなったりしないように、薄手の羽織物やカーディガンを持参するとよいでしょう。

靴は履き慣れたものを。バッグは肩掛けや肘かけタイプが楽

女性のキレイ目ファッションの場合、靴はパンプスを選ぶと動きやすいでしょう。ただ、ブライダルフェアは会場内のさまざまなスペースを使って行われることがあります。そのため、体験内容がたくさんあったり披露宴会場を複数見学したい場合は慣れないハイヒールだと疲れてしまうかもしれません。普段からよく利用する靴がオススメです。

また、ブライダルフェアでは試着体験ができることがあります。もしウエディングドレスの試着を希望するなら、着脱しづらいブーツも避けたほうがよいでしょう。

さらに、立食形式の試食会や展示された引出物を手に取る機会が用意されていることもあるため、両手が空いているほうが便利です。そのため、バッグを床に置かなくてもよいように、肩掛けがあるものなど手に持たなくてもよいタイプがオススメ。会場のパンフレットなどの資料をたくさん持ち帰ることになるので、大きめのバッグがあると荷物がかさばらずよいでしょう。

試食会や衣装試着など、いろんな体験ができるブライダルフェアを探そう

ウエディングドレスの試着をするなら、下着にご注意!

ブライダルフェアでウエディングドレスを試着する予定がある女性は、試着を念頭に服装を選ぶのがオススメです。たとえば、タートルネックなど脱ぎづらい服は避けた方がいいでしょう。

注意したいのが下着。式本番で実際に着るドレスの選定時には、ドレスショップが専用のブライダルインナーを用意してくれますが、ブライダルフェアの試着会は着てきた下着の上に直接ドレスを試着することが大半。そのため、下着がドレスから透けてみえないよう、色は白かできるだけ淡い色の物に、ストラップを取り外せるものがベストです。また、ドレスの着脱をスタッフの方に手伝ってもらうことになりますので、見られてもいい下着を選んだ方が恥ずかしく感じることもないでしょう。

スタッフの前で下着姿になる回数も多くなりますので、もし何着も着たいという人はレギンスやスリップなどを着ておけば恥ずかしい思いをせずに安心です。なお、既にブライダルインナーを持っている人は持参してもよいでしょう。

【まとめ】
ブラジャーは、ストラップ取り外しができるもので、白・淡い色タイプ。人に見られても恥ずかしくないものを!

靴も結婚式場が用意した専用の高いヒールを履くことがあるので、生足は避けて。タイツではなく、肌色のストッキングを履いて行くと試着がスムーズです。万が一忘れてしまっても、ストッキングを貸してくれるところもあるので確認してみると良いでしょう。

男性もタキシードの試着が可能な場合があります。試着を希望するなら白のシャツやポロシャツを着用し、スニーカーソックスのような厚手の靴下は避けたほうが無難です。

ヘアスタイルやメイクも事前準備を

ドレスを試着するならヘアスタイルはアップにして行った方が式本番をイメージしやすいでしょう。その場合、トップスに上からかぶるタイプを着て行くと、着替えの時に髪が崩れてしまうので、前開きの服を選ぶとよいでしょう。アップにしない場合でも、その場でまとめられるよう、ヘアゴムを持参しておくと安心です。会場によっては簡単なアップヘアにし、ヘアアクセサリーなどでアレンジしてくれることもあります。また、メイクについても、しっかりキレイに仕上げて行った方がドレス選びの参考になります。より本番に近い花嫁姿を体験したいなら、ネイルもベージュや淡いピンク色などにし、濃い色や派手な色・デザインを避けた方がよいでしょう。

【まとめ】
着替えを意識してアップスタイルの髪型と前開きの服で。本番をイメージしやすいようにメイクはしっかり目に。

花嫁のあこがれ! ウエディングドレス試着や和装の体験ができるブライダルフェアを探そう

結婚式場はフォーマルな場所。最低限のマナーを守ろう!!

結婚式を行うようなホテルやゲストハウス、専門式場、レストランのほとんどはラグジュアリー感のある施設です。そのため最低限周囲に不快感を与えるようなスタイルは好ましくないでしょう。女性・男性ともにTPOを意識し、また動きやすさなど機能性を重視して、ブライダルフェアにしっかり集中するほうが大切ですね。

≫さっそくブライダルフェアを探そう!


一覧へ戻る  |  友達とブライダルフェアに参加してもいいの? 実はうれしい3つのメリット >