憧れのジューンブライドは梅雨の時期...6月の結婚式ってどう?

6月の結婚式

海外映画の中でたびたび登場する「ジューンブライド」という言葉。
なんだか、幸せな花嫁さんを連想させる憧れのワードですよね。

そもそも「ジューンブライド」は、6月に結婚式を挙げる花嫁さんのことを指しますが、日本ではちょうど梅雨シーズンなので、天候に不安を感じるカップルも多いはず。

そこで、実際に日本のジューンブライド事情について、結婚式を挙げる際のメリット・デメリットや雨が降った場合の演出アイデアなどをご紹介します。

結婚式のお天気事情 ~雨が降った場合の対策や演出は? 縁起がいいってホント?~


そもそもジューンブライドって?


「June Bride」は直訳すると「6月の花嫁」「6月の結婚」という意味で、古くからヨーロッパでは「6月に結婚する花嫁は生涯幸せに暮らせる」という言い伝えがあります。

その理由は、海外では6月は乾季に入り過ごしやすいからというものや、ギリシャ神話に登場する女神「Juno(ジュノ)」から由来しているものまで諸説あります。

  詳しいジューンブライドの由来はこちら

6月に結婚式を挙げるメリット


■縁起が良い

ジューンブライドの由来のひとつでもあるギリシャ神話に登場する神主ゼウスの妃「Juno(ジュノ)」は、結婚や出産をつかさどる女神で、加護する月が6月。

このことから、6月に結婚した花嫁は、生涯Junoに守られるとされています。せっかくの結婚式だから、古くから言い伝えられている物語にあやかってみるのもロマンチックですよね。


■費用が比較的安め

日本の6月は梅雨のシーズンに入ってしまうため、結婚式の市場ではオフシーズンにあたります。

すなわち、結婚式の費用が年間を通じて低めに設定されているので、費用を少しでもおさえたいカップルにはオトク期間と言えます。

結婚式場によっては、ジューンブライド特典や見逃せない割安プランなどが登場するので、要チェック!

費用年間グラフ

 2022年6月の結婚式がオトクになる割安プランを探す

■新婚旅行にぴったり

結婚式後にすぐに新婚旅行を予定しているなら、ハネムーン先で人気のヨーロッパやハワイは気候が良く過ごしやすい季節。

また、GWなどの大型連休から外れているので、旅費も比較的低めに設定されているのもうれしいポイントです。

海外でのウエディングやロケーションフォトを予定しているなら、天候も安定している6月に行えることは魅力のひとつと言えます。

6月に結婚式を挙げるデメリット&対処法

結婚式

■野外演出を選びづらい

雨の多い6月の結婚式で気になるのが野外演出。

フラワーシャワーやブーケトス、ガーデンでのデザートビュッフェなど、屋外で絵になるウエディングシーンが中止になってしまうのでは?と心配になってしまうのは当然のこと。

でも、結婚式場の中にはインナーガーデンや屋根付きのテラスなど、天候に左右されない全天候型の会場がたくさんあります。

雨が降った場合でもプログラムを変更することなく結婚式を行うことができるので、会場見学の際に雨の日の対応について確認しておくと安心です。


■ゲストの服や髪が雨で濡れてしまう

「せっかくお洒落をしてきてくれたのに、ゲストの足元や衣装が濡れてしまう・・・」

結婚式当日に雨が降ってしまうと、ゲストが濡れて困っていないか気になってしまうもの。

特に女性ゲストの場合は、雨の影響でセットした髪の毛が崩れたり、高いヒールで足元がおぼつかなかったり何かと大変なのは事実です。

ただ、そういった場合にも、受付でさりげなくフェイスタイルを配るなどあらかじめ準備をしておけば、それもふたりからの心のこもったおもてなしに。

オススメの日取りは?

カレンダー


梅雨シーズンと言っても、6月の月前半は梅雨入り前の場合が多いので1週目~2週目あたりをおさえておくのがオススメです。

また、「大安」や「先勝」といった、暦のうえで縁起が良いとされる日取りを選ぶのもひとつ。

親の考え方にもよりますが、「仏滅」などの日程を避けるものと考える場合があるので、事前に両家の意見を聞いておくのがオススメです。

■2022年

6月5日(日)大安【プロポーズの日】
6月11日(土)大安

2022年の6月はプロポーズの日である第一日曜と、第二土曜が「大安」! 早めに式場の候補を決めて、予約状況をチェックしましょう!

もし、休日以外の結婚式も検討しているなら、平日の「大安」、17日(金)、23日(木)も要チェック。
 2022年6月の結婚式がオトクになる割安プランを探す


■2023年

6月4日(日)先勝【プロポーズの日】
6月18日(日)大安
6月24日(土)大安

2023年の6月は第四土曜の「大安」に人気が集中しそう!

もし、休日以外の結婚式も検討しているなら、平日の「大安」、2日(金)、8日(木)、14日(水)、30日(金)も要チェック。
 2023年6月の結婚式がオトクになる割安プランを探す


平日プランや限定特典など見逃せないプランも登場するので、費用をおさえたいカップルは必見です。


6月にオススメの結婚式のテーマ&演出


■「父の日」を意識した演出

「父の日」にちなんで、新郎・新婦のお父さんへサプライズの演出を取り入れると、結婚式のテーマ感もグンとアップします。

例えば、挙式では新婦お父さんとバージンロードを歩き、披露宴の再入場では新郎のお父さんと登場したり、花嫁の手紙の際には新郎から新婦のお父さんへ宛てた手紙を読むことで、新しい親子の絆も深まります。

また、新郎新婦のお父さん以外にも、当日参列してくれたゲスト中で、子どもがいるお父さんに絞って簡単なゲームをしたり、胸元に飾れるモチーフを配るだけでも父の日感をたっぷりと演出することができます。

■「傘」モチーフを取り入れたコーディネート

季節感を取り入れた結婚式のコーディネートとして、雨を逆手にとって「傘」や「てるてる坊主」「カタツムリ」など、6月ならではのモチーフに取り入れてみるものGOOD。

プロフィールブックや席次表、席札などのペーパーアイテムに「傘」モチーフを入れたり、てるてる坊主をガーランドにして会場に飾るだけでも季節感あふれるお洒落な演出に。

▼結婚式の招待状のモチーフに傘&ストライプを取り入れて爽やかに


▼前撮り撮影のアイテムとして傘を取り入れてドラマチックに演出


■6月に旬になるお花を取り入れたコーディネート

梅雨のシーズンを彩るお花と言えば、やっぱり紫陽花。

「家族の結びつき」を花言葉にもち、ウエディングドレスはもちろん、和装にも映えるジューンブライドにぴったりのお花です。

▼紫陽花
紫陽花
photo:アトリエ ザ ウエディングギャラリー(ATELIER the wedding gallery)

紫陽花
photo:覚王山ル・アンジェ教会

紫陽花
photo:グラン ブリエ 東京(GRAND BRILLER TOKYO)


また、6月に旬を迎えるお花として、シャクヤクもオススメです。

可憐でありながら存在感あふれる大輪の花なので会場装花はもちろん、ブーケでも十分に華やかさを演出してくれます。

▼シャクヤク
シャクヤク


さらには、ラベンダーやジャスミンといった、香り高い装花もこの6月のウエディングにぴったり。

せっかくこの季節ならではのお花を使うなら、花をモチーフにしたウエディングケーキやプチギフトなど結婚式のテーマアイテムとして取り入れてみるのも◎。

春から夏にさしかかる6月は美しい花々が咲き誇る季節でもあるので、これもジューンブライドならではの特権と言えますね。

まとめ


ジューンブライドのメリット・デメリットについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

日本では梅雨のシーズンに入ってしまうため、どうしても天候が気になる季節ではあるものの、この季節にしかできない演出やおもてなしもたくさんあります。

6月の結婚式を検討するなら、会場選びの段階から最寄り駅からのアクセスや雨の日対応など、実際に足を運んで確かめながら、ふたりらしいステキなジューンブライドを迎えてくださいね。


≫【2022年6月】の結婚式がオトクにかなうプランを探す
≫【2023年6月】の結婚式がオトクにかなうプランを探す

≫【5月】の結婚式の魅力をチェック
≫【7月】の結婚式の魅力をチェック



雨が降っても大丈夫! 全天候型の結婚式場特集


ベルヴィ武蔵野 (埼玉県/南浦和駅)
詳細を見る
光あふれるチャペルと全天候型インナーガーデンでかなえる、感動ウエディング
天窓からの陽光がふりそそぐ天空のチャペルや、大階段付のパティオ風ガーデンなど、天候に左右されない快適さと開放感が魅力です。ガーデンはフラワーシャワーやブーケトスなど使い方は色々。360度のパノラマスクリーンが自慢のパーティ会場では、大迫力の映像演出でゲストの感動も最高潮に。お急ぎ婚やマタニティ婚も経験豊富なプロのサポートで安心です。南浦和駅からは無料バスが運行され、東京からのアクセスも◎。
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 人前式 神前式
収容人数 着席20名~200名、立食30名~350名
注目情報
少人数やパパママ限定などオトクなプランが充実!
東京駅5分、各方面から訪れやすいおもてなし空間。光あふれるチャペル&会場は必見
「東京駅」「京橋駅」「宝町駅」「銀座一丁目駅」と、4駅30路線からアクセスできる好立地!天井高7m、バージンロード10mというスケールの吹き抜けのチャペルや、専用ロビーを備えた貸切の披露宴会場も魅力です。おもてなしを重視したいふたりにもおすすめなので、ぜひフェアに参加してみて。
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 人前式
収容人数 着席2~128名、立食2~200名
駅直結&地上150mのロケーションが魅力!好立地×眺望×美食でおもてなしを
大阪駅真上という好立地で各方面からアクセス至便!ガラス張りのチャペルやパーティ会場から絶景を望むことができるので、眺望でもゲストをおもてなしできます。フレンチをベースにした婚礼料理も幅広い世代のゲストから好評。特選牛やオマール海老など、豪華食材を使用した料理試食会もあるので、参加してみて。
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 人前式
収容人数 着席 20名~ 140名

< 【最新】2021年六輝カレンダーで結婚式のお日柄をチェック!  |  一覧へ戻る  |  東京スカイツリー®が見える結婚式場特集 >