結婚式場探しならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > マイナビウエディングPRESS > 結婚内祝い 記事一覧 > 結婚祝いのお返し(内祝い)の相場・マナーは?人気の品ランキングも発表

人気記事ランキング

最新記事

結婚内祝い

結婚祝いのお返し(内祝い)の相場・マナーは?人気の品ランキングも発表

kekkon_uchiiwai_main.jpg

結婚報告をすると、会社の上司や同僚、親戚や兄弟など色んな方からお祝いをいただく機会が増えますよね。結婚祝いを受け取ったら、そのお返しとして「結婚内祝い」を贈るのが一般的ですが、いつまでに・いくらくらいのものを贈ればいいのか迷いどころ。そこで、今回は「結婚内祝い」について贈る時期や相場、人気の品物ランキングなどこれからの準備に役立つ基礎情報をご紹介します。

そもそも、「結婚内祝い」って何のこと?

本来、「内祝い」の「内」とは「家」のことを指し、結婚、出産、入学、成人など家庭内のおめでたい節目に頂いたお祝いへのお返しのことを「内祝い」と言います。結婚の場合は、結婚式のご祝儀とは別にお祝いのお金や品を頂いたり、結婚式に招待できなかった人から、個別に頂いたお祝いへのお返しが「結婚内祝い」となります。

結婚祝いのお返しにかける平均相場はどのくらい?

結婚祝いのお返しは頂いた金額の半額~1/3程度の額を目安にして品物を用意するのが相場とされています。ただ、親族などから高額なお祝いを頂いた場合、半返し~1/3程度の金額で品を選んでしまうと相手を恐縮させてしまったり、職場のみんなからという名目でお祝いを頂いた場合には、お菓子などを配って感謝の気持ちだけを伝えるというケースもあります。これまでのお付き合いや職場の雰囲気、地域の習慣によってもケースバイケースですが、ふたりからの感謝の気持ちが伝わる結婚内祝いの品選びが何より大切です。

■結婚祝いを品物でもらった場合
金額がわからない品物で結婚祝いを頂いた場合も、ブランド名やいただいた品物の相場などからおおよその金額を調べて、きちんとお返しするようにしましょう。お祝い金のお返しと同様に、半返し~1/3程度の品物を選ぶのが一般的です。

結婚祝いのお返し選び「ダンドリ&贈る時期」

ここでは、結婚のお祝いを頂いてからお返しを贈るまでの一般的なスケジュールやマナーについてご紹介します。結婚内祝いの品物を選ぶタイミングは結婚式の準備とも重なることが多いので、いつまでに何をしておけばいいか、事前にしっかりチェックしておきましょう。

<結婚式を挙げる場合>
結婚祝いのお返しを贈る時期は、結婚式から約1カ月以内がマナーとされています。また、挙式後にお祝いをいただいた場合も頂いた日から1カ月以内が基本となります。

■挙式3カ月前~1週間前 お祝いをいただいたらすぐにお礼の連絡を
お祝いを頂いたら、まずはお礼の言葉を伝えましょう。直接頂いた場合はもちろんその場で、配送などで受け取った場合はできる限り電話で直接感謝の気持ちを伝えます。贈り主にいち早く無事に届いたことを知らせことも大切です。

■挙式前 お返しリスト作成&結婚お祝い返しの品物選び
結婚式前後は何かと慌ただしいので、結婚内祝い品の贈り漏れを防ぐためにもお祝いを頂いたら早めに「お返しリスト」を作成しましょう。また、どのくらいの金額で何を贈るか事前に品物選びもしておくと便利。
(お返しリストの内容)
・誰から(名前、住所、連絡先)
・頂いた日付
・頂いた内容
・頂いた物の金額
・結婚式への招待(する・しない)

■挙式後~1カ月以内 結婚内祝いの品とお礼状を贈る
結婚式が無事終わったら、リストをもとに内祝いを贈り始めましょう。このときお礼状も一緒に添えて贈るか、結婚式の何カ月も前にお祝いを頂いた場合には、先にお礼状を送っておき、結婚式後に内祝いの品を贈るとスマートです。

<結婚式を挙げない場合>
結婚式を挙げていない人は入籍後1カ月以内を目安に結婚祝いのお返しを贈りましょう。挙式をした場合と同様に、お礼状もお忘れなく。「無事結婚しました」という報告の意味も兼ねているので、あまり遅くなるのはNGです。

結婚祝いのお返しランキング! 人気は王道の「カタログギフト」

今回、既婚者に実際に結婚内祝い選んだ品物についてアンケートを実施。みんなが選んだ結婚内祝いの人気アイテムをランキングで発表します!

■ダントツ1位! 「カタログギフト」
37%の先輩カップルが選んだ「カタログギフト」。何と言っても、もらった人に好きなものを選んでもらえる仕組みが人気の理由。職場の上司や親戚、兄弟など、比較的相手を選ばずに贈れるのも魅力。
<選んだ理由>
・『色んなジャンルから選べるので、ハズレがないと思ったから』(30代)
・『好きなものが選べる楽しさがあると思ったから』(30代)

■2位は「スイーツ・グルメなどの食品」
「スイーツ・グルメなどの食品」を選んだ先輩カップルは全体の16%。ふたりの出身地の紹介を兼ねて地元の名物を贈ったり、家族の多い家庭や会社など大勢の人にお返しする場合にも利用しやすくおすすめ。老舗のお菓子を選べば年配のゲストにも安心して贈れます。
<選んだ理由>
・『ふたりらしいものをと考え、地元の名産品を選んだ』(40代)
・『ご家族で楽しんでもらえると思ったから』(20代)

■3位は日常使いができる「タオル」
何枚あっても邪魔にならないタオルは、贈り物として定番のアイテム。先輩カップルのうち11%の人がタオルをチョイス。
<選んだ理由>
・「感謝のしるしとして金額的にもちょうどよかったから」(40代)
・「自分では買わない質の良いもを贈りたかったから」(40代)

その他、入手困難な新婚旅行のお土産を贈ったり、独身者にはインテリア雑貨やバスアイテム、ファミリー層には食器やキッチンアイテムなど、贈る相手の顔ぶれでギフトを選んでいる人が多いみたい。商品券やギフトカードはもらった相手が自由に使える分、金額がはっきりとわかってしまうので、商品券やギフトカードにちょっとした品物を組み合わせて贈っている人もいるよう。

先輩花嫁が「迷った・悩んだ」 結婚内祝いQ&A

Q.手作りのものをお祝いでいただきました。お返しはどうすればいい?
A.手作りのお祝い品をいただいた場合も、お返しはきちんとしておくのがベター。類似したアイテムの相場を調べて半返し~1/3程度をお返ししておきましょう。新婚旅行のお土産で珍しいものや日本では手に入らないものなどは、特別感があってオススメです。

Q.親戚からお祝いを頂いた時に「お返しはいいから」と言われ困っています。何もお返ししないほうがよいのでしょうか?
A.親戚からお返しはいらないと言われた場合も、何かしらお礼の品物を贈るようにしましょう。堅苦しくならないように「○○に行ってきたからお土産に」などと、気軽に受け取ってもらえそうな理由を添えればスマートです。親戚間のルールがある場合もあるので、親に一度相談しておくのがよいでしょう。

Q.職場の部署単位でお祝いをいただきました。一人ずつお返ししたほうがよいでしょうか?
A.職場などお返しをする人が大勢いる場合、一度に渡せる小分け包装になっているお菓子がおすすめです。または、会社内に結婚式の参列者がいない場合には、披露宴の最後に配るプチギフトを使うのも手。

Q.お祝いをくれた人の年代や家族構成もさまざま。それぞれ別のものを贈ったほうがいい?
A.一人ひとりに別々のものを贈るのは大変なので、お祝いを頂いた金額と家族構成(シングルorファミリー)かで贈る品を何パターンか作っておくと便利です。

まとめ

結婚祝いのお返しには気遣いやマナーなど、守らなければならない事もたくさんあります。でも、一番大切なのは、ふたりの感謝の気持ちがしっかり伝わること。そのためにも、今回ご紹介した流れに沿ってダンドリよく結婚内祝いを贈る準備を進めてくださいね!

【アンケート概要】
調査期間:2016年5月10日~2016年5月11日
調査対象:406名
調査方法:インターネット調査

この記事を読んだ人にオススメ

< 結婚式での、親や兄弟・姉妹、親族の衣装はどう選ぶ?  |  一覧へ戻る  |  結婚内祝い「のし紙」の選び方&「お礼状」の書き方文例集 >