結婚式場探しならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > マイナビウエディングPRESS > 結婚式準備 記事一覧 > 結婚式を平日に行うメリットは? 成功させるためのポイント&安くてオトクなプラン

シェア

人気記事ランキング

最新記事

マナー 新郎新婦向け 結婚式準備

結婚式を平日に行うメリットは? 成功させるためのポイント&安くてオトクなプラン

515heijitu_main450_300

新郎新婦はもとより、ゲストも職業によっては、土曜・日曜・祝日は仕事が休みではないことも。そういった場合、「結婚式・披露宴は平日に行いたい」と考えるカップルも多いよう。ただし、平日挙式は新郎新婦がOKでも、親や親族がよい顔をしない……ということも少なくありません。そこで、平日の結婚式を挙げる際のメリットや、成功させるためのポイントについて解説。さらに、平日結婚式の安くてオトクなプランもご紹介します♪

平日の挙式は何が違うの? マイナビウエディングサロンでもっと詳しく聞いてみよう

なぜ「平日の結婚式プラン」が増えているの?

サービス業や観光・旅行業界、販売業などの休みが不規則な業界で働いている新郎新婦の場合、休みの取りやすい平日に結婚式を挙げたい、と考えるカップルが増えてきています。さらに結婚式場としても、結婚式の予約は土曜・日曜・祝日など暦のうえでの休日に集中するため、もっと平日の挙式・披露宴を増やしたいという背景があり、安くてオトクな平日の結婚式プランが増えているようです。平日の方が仕事を休みやすく、平日休みの友人ゲストが多いのであれば、費用が安いうえに内容的にも充実している平日の結婚式プランを検討してみましょう。

平日結婚式の安くてオトクなプランはこちら!

全国の安くてオトクな平日結婚式のプランを見る
北海道 宮城県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・長野県 愛知県・岐阜県・三重県・静岡県 大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県 福岡県

平日の結婚式ならではのメリットとは?

平日の結婚式のメリットとしては、「オトクで安いパッケージプランが設定されている」など費用面での魅力が大きいですが、ほかにもさまざまなメリットが。ここでは平日挙式のメリットについて紹介します。

■平日なら「お日柄のよい日」の競争率も低い!?
結婚式・披露宴の日取りで人気の「大安」や「友引」をはじめ、六輝(六曜)以外でも縁起がよいとされる「天赦日(てんしゃにち)」や「一粒万倍日(いちちゅうまんばいび)」は土・日・祝日の場合はかなり先まで予約されているケースがほとんど。そんなお日柄のよい日も平日なら空きがあることも。

大安や天赦日、一粒万倍日の結婚式場の空き確認をする
気にする? 気にしない? 結婚式のお日柄

■挙式組数が少ないから“貸切感”を味わえる
土・日・祝日はそもそも結婚式のニーズが高く、挙式組数も多いため結婚式場では挙式・披露宴などのスケジュールがきっちり管理されています。一方、平日の場合は、結婚式のパッケージプランにも“1日1組限定”などの特典が盛り込まれているように、会場によっては貸切で利用できるケースも。費用面で安いことはもちろん、披露宴・パーティ会場が休日よりも長く利用できる場合もあるので、ゲストとゆったりした時間を過ごしたいカップルには最適です。

■スペースや会場のスタッフにも余裕があるので上質なサービスが受けられる!
挙式組数が少ない平日は、会場のスタッフにも時間的なゆとりがあります。新郎新婦の着替えやヘアメイクなどの準備をはじめ、ゲストへのサービスなどにも余裕があるので、より丁寧で落ち着いたサービスが受けられるでしょう。また、ほかに挙式をするカップルが居ない場合は会場のスペース的にも余裕が生まれるため、招待されたゲストにも心地よい時間を過ごしてもらうことができます。

平日挙式を成功させるために気をつけたいポイントとは?

平日挙式は費用が安いなどメリットも多い一方で、月曜~金曜は仕事がある、親族の中に学校へ通う児童や生徒が居るなど、出席できないゲストが増えるというデメリットもあります。そういったゲストに対してはきちんとした手順を踏まないと、常識がない・迷惑だと思われてしまうことも。ここでは平日挙式を行う前に配慮したいポイントを解説します。

■平日が仕事の遠方ゲストが居る場合
平日が仕事の遠方ゲストが多い場合なら、土日と組み合わせれば連休になる金曜日を挙式日にすれば、有給休暇を取ってもらうとしても1日で済ませることができます。

■常識がない・迷惑だと思われないためには
結婚式は土・日・祝日に挙げるものという概念がある年配の人にとっては、平日に挙式すること自体、常識がないと思われてしまう可能性も否定できません。このような考え方をする親族が多い場合は、結婚式自体が両家の溝を深めてしまうことになるので、必ず事前に相談して意見を聞くなり、根回しをしておきましょう。その際は平日に結婚式を挙げる理由を話したうえで「これまでの感謝の気持ちを伝えたいから結婚式に出席してほしい」という思いを真摯に伝えましょう。

■挙式日が決まったら早めに相談する
平日に結婚式を挙げると決めたら、招待状をお送りする前にゲストに知らせましょう。その際は直接会うか電話で挙式予定日を伝え、口頭で出席の可否を確認したうえで招待状をお送りします。その段階を踏むだけで、心象はかなりよくなるはずです。

■返信が「欠席」でも無理にお願いしない
新郎新婦にとって結婚式は一生に一度の大切な日ですが、ゲストにとっては仕事の都合などで出席できないこともあります。たとえ欠席の返事だとしても、再度出席してもらうようにお願いするなど無理強いは禁物です。

■ナイトウエディングを検討する
新郎新婦が平日休みの業界で働いていたとしても、学生時代の友人などは平日に仕事があるという場合も少なくありません。とはいえ、大切な友人ですから結婚式に出席してもらいたいですよね。平日の昼間に休みを取りづらいゲストが多いなら、ナイトウエディングを検討するのもオススメです。ナイトウエディングなら、仕事が終わってから参加できるうえ、費用がさらに安くなるというメリットも。

ナイトウエディングの魅力やオトクなプランをチェック!

平日の結婚式ならでは! オトクで安いプランをご紹介

ここでは、専門式場やホテル、ゲストハウスなどの平日ならではの安い結婚式プランをご紹介します。料金の値引きはもちろん、挙式組数を1日1組限定としていたり、披露宴会場が土日祝日よりも長く使用できるなど、利用者にとってはメリットがいっぱい。ぜひチェックして♪

<マイナビウエディングオススメ! 安くてオトクな平日結婚式のプランがある会場をピックアップ>
明治神宮・明治記念館
明治神宮・明治記念館
明治神宮外苑の一角に位置する「明治神宮・明治記念館」は昭和22年開館の歴史ある専門式場。表参道や青山、赤坂からもほど近い、都心でありながら緑に囲まれた空間は“都会の杜”のよう。そんな明治神宮・明治記念館での平日の結婚式プランは、衣装代や美容着付やスタジオ写真がオフになるものも。和の伝統美のなかにモダンなエッセンスが香る空間や美しい庭園でステキな写真を残したいカップルにオススメです。
結婚式プラン一覧を見る
明治神宮・明治記念館の写真やブライダルフェア、パッケージプランなどウエディング最新情報を見る

ラグナヴェール TOKYO(LAGUNAVEIL TOKYO)

都内でも希少な"お花の浮かぶバージンロード"と天井高7Mの圧巻のチャペルに一目惚れする花嫁が続出!ワンフロア貸切のパーティ会場は、共に邸宅を意味する"レジデンス"と名づけられ、お二人がゲストへの感謝を伝えるおもてなしの美空間。上質な"リッチ×フェミニン"と、シンボルツリーが見守る"ナチュラル×モダン"2つの会場で、一生に一度の至福の時間を過ごそう。平日は、1日1組完全貸切がオトクにかなうプランも♪
結婚式プラン一覧を見る
ラグナヴェール TOKYO(LAGUNAVEIL TOKYO)の写真やブライダルフェア、パッケージプランなどウエディング最新情報を見る

東郷神社 原宿 東郷記念館

原宿駅から徒歩3分。駅すぐの都心とは思えないほど、緑あふれる庭園が広がる「東郷記念館」。春は桜、秋は紅葉などの美しい景色に囲まれて、本格的な神前式をかなえることができます。また、70年以上の歴史ある神社だからこその伝統的な演出もあり、橋の上を渡る花嫁行列「庭参進の儀」も先輩カップルに大人気。挙式料・会場費・衣装も含むカスタマイズ可能な、平日限定のお得なパッケージプランなども。まずはフェアに参加して相談してみよう。
結婚式プラン一覧を見る
東郷神社 原宿 東郷記念館の写真やブライダルフェア、パッケージプランなどウエディング最新情報を見る

東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート(旧:サンルートプラザ東京)

舞浜駅からシャトルバスですぐ、ベイエリアやテーマパークからも近く、都会に居ながらリゾート気分が満喫できる「東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート(旧:サンルートプラザ東京)」。挙式会場はチャペルや神前など4会場あり、大人数から少人数まで対応可能な幅広い披露宴会場も魅力です。同ホテルでの平日限定プランは、挙式料・シェフ特製フレンチの料理・フリードリンクの飲物などが含まれ、挙式組数も1日1組限定とうれしいポイントがいっぱい。さらに費用が安いだけでなく、新郎新婦の挙式・披露宴当日の宿泊招待(1泊夕食・朝食付き)や、ゲストの宿泊優待などの特典もあるので、“ゲストには舞浜に泊まって結婚式を楽しんでほしい”という新郎新婦にオススメ♪
結婚式プラン一覧を見る
東京ベイ舞浜ホテル ファーストリゾート(旧:サンルートプラザ東京)の写真やブライダルフェア、パッケージプランなどウエディング最新情報を見る



まとめ

土曜・日曜・祝日の結婚式に比べてまだまだ実施率の低い平日結婚式は、費用が安いなどさまざまな側面で“オトク”なので、平日に仕事が休みだというカップルには特にオススメ。とはいえ、平日の結婚式にゲストを招待するためには細やかな配慮が必要なので、常識やマナーをわきまえたうえで、ステキなウエディングをかなえてくださいね。

この記事を読んだ人にオススメ

< 仏滅の結婚式は避けなくてもいい? 割引プランやスムーズに進めるコツを解説   |  一覧へ戻る  |  【2018年版】結婚式に使いたい「最新のオススメ曲・BGM」と「シーン別選曲のコツ」 >