不意打ちのプロポーズで差し出されたのは、一粒ダイヤのエンゲージ・ネックレス

もともと、婚約指輪には興味がなかった私。日常づかいできないような豪華なリングは欲しくないけど、彼からのプロポーズはいつか聞きたいな……と思いながら交際を重ねていました。
そんなあるとき、交際記念日に毎年訪れていたホテルで年齢分のバラの花束と共に、カルティエの「ディアマン レジェ ネックレス」をプレゼントされました。これまで記念日には特にプレゼントをもらったり渡したりすることはなかったので、その年も全く期待はしておらず、ただお気に入りのホテルで夜景を眺めながらゆったりと過ごすつもりでした。不意打ちで長年あこがれていた彼からの「結婚したい」という言葉が聞けただけでも感慨深いのに、まさかカルティエのジュエリーを贈られるなんて思いもよらず、予想外のプレゼントに驚きと感動で胸がいっぱいになりました。

長年お付き合いしている彼なので将来を想像することはあったものの、実は結婚する年齢としてはお互いにすこし早いかもしれないと感じていたのですが、婚約指輪はいらないという私のために、職場につけられるようなシンプルで上品なカルティエのネックレスを指輪の代わりに用意してくれたことや、緊張しながらも一生懸命にプロポーズの言葉を告げてくれた彼の姿を見て、この人と結婚しようと決意しました。
その日からカルティエは私にとって、かけがえのないハイブランドになりました。セレブの婚約指輪に使われるような大粒のダイヤではありませんが、毎日職場に行く前に、このエンゲージ・ネックレスをつけるたびに、プロポーズされたときの気持ちを鮮明に思い出すことができますし、仕事ので嫌なことがあってもネックレスを見るだけで幸せなであたたかな気持ちに包まれます。
検討中の結婚指輪はもちろん、結婚後も何かの記念にジュエリーを購入するとしたら、今度もカルティエで選びたいと考えています。

他にもこんな体験談が読まれています


Brand Name
Cartier
(カルティエ)