料理がおいしい結婚式場特集~料理のこだわりポイントとおもてなしのコツ~

料理がおいしい結婚式場特集~料理のこだわりポイントとおもてなしのコツ~
ふたりを祝福するために集まってくれたゲストには、とびきり美味しい料理でおもてなししたいもの。でも、結婚式の料理でどんなおもてなしをすればいいか、食事のどの部分にこだわるとよいのか、わからないという人も多いのでは? そこで、先輩花嫁たちの意見を参考に、料理でかなえられるおいしいおもてなしや、結婚式場を見学する時に何を確認すればいいのか詳しくご紹介します!



ゲストが招待されたいのは「料理がおいしい」結婚式

結婚式に参列経験のある1,333名に『招待されてうれしい結婚式』についてアンケート(※1)を実施してみたところ、1位は「料理がおいしい」結婚式という結果に。やはり、おいしい料理・食事を振舞われた結婚式はゲストの印象にも残りやすく、最も喜ばれるおもてなしと言えますね。

また、30代・40代の大人ゲストになるとさらに料理を重視する傾向にあるようで、招待されたい結婚式についてアンケートを行ったところ「料理がおいしい三ツ星レストラン」が35.6%という結果に。料理の評判が高いお墨付き会場への人気が目立つ結果となりました。たとえば星付きの会場や料理の受賞歴を持つ有名シェフのいる会場なら、特別な日しか味わえないような料理でおもてなしができるため、舌の肥えたゲストにも喜んでもらえそう。グルメなゲストが多数出席する場合や、余興や演出をあまり取り入れず、おいしい食事をメインとした披露宴にしたい人にオススメです。

<招待ゲストの声>
・とにかく食事が美味しいだけで、会話が盛り上がり、いい思い出になる。(30代女性)
・レストランでの披露宴で料理の美味しさに感銘を受けたことがあるので(50代男性)
・友達の結婚式の料理があまり美味しいと感じられず、 なんだか手抜き間感があった。(20代女性)
・三ツ星レストランでの結婚式はなかなか経験できず、料理やお酒がおいしいと会話が弾むから。(30代女性)


披露宴の料理選びでこだわったのは「料理の品数・ボリューム」

先輩花嫁に『披露宴の料理を選ぶ際にこだわったポイント』について聞いてみたところ(※2)、最も多かったのが「料理の品数・ボリューム」、次いで「金額」、「実際に試食しておいしいもの」という結果。やはり、結婚式の食事を選ぶ際はゲストに満足してもらえるだけの品数やボリュームがあるかどうかが大前提のよう。たとえおいしい料理であっても、適量でなければ満足度も下がってしまうので、ゲスト目線でしっかりと確認しておきましょう。また、各結婚式場で行われる試食会に参加し、実際に自分たちで食べてみて、料理にかかる金額と内容が見合っているかを検討している人が多いみたい。
>披露宴の料理メニューは何を選んだ?

■料理の費用相場は15,000円前後がボリュームゾーン
結婚式でゲスト一人あたりの料理にかけた値段を聞いてみたところ、「10,000円~15,000円」が最も多く38.3%。次いで「15,000円~20,000円」が28.4%で、相場的には15,000円前後がボリュームゾーンという結果に。なかには、料理にかける予算を事前にある程度の決めておいて、結婚式場の試食会で複数のコースを食べながらメニュー数を増やしたり、使う食材を変更して予算内に収まるコース内容を決めたという人も。

<先輩カップルの声>
・来てくださった方が満足する内容で、かつ高額にならない金額のものを選択した。(30代女性)
・元々予定していたコース料理に対し、義母から「もう一品あったほうが」と言われたため追加した。(40代女性)
・結婚したのが35歳で、友人もみな口がこえているので少し金額が高くてもおいしい料理でもてなしたかった(30代女性)

料理が美味しい・料理にこだわるカップルにオススメ! 人気の料理演出ランキング

“料理重視”と言っても、結婚式場ごとに自慢の料理や得意ジャンルはさまざま。「料理を楽しむ結婚式にしたい」というカップルは、ぜひ味だけでなく見せ方・演出にもこだわってみては? 最近では美味しい料理を提供するだけでなく、見た目でも楽しめるパフォーマンスや、ゲストが参加できる料理演出を取り入れる新郎新婦が増えているんです。

そこで、『ゲストとして参加した結婚式で、どんな料理演出を体験してみたいか』についてアンケートを実施したところ、最も多かった回答は「結婚式場の人気スペシャリテ(名物料理や看板料理)が出る」という結果に。次いで「ゲスト自身が料理を選べる」、「炎が上がるフランベや、料理をその場でサーブしてくれる演出」とういう結果に。食事そのものを楽しみながら、料理を使った演出やパフォーマンスにも人気があるみたい。希望の演出が可能かどうか、結婚式場見学のときに聞いておくようにしましょう。

次からは、アンケートで人気だった料理演出について、その魅力をご紹介!

【演出①】スペシャリテを取り入れた料理

スペシャリテは、その結婚式場やそのシェフでないと味わうことができない特別メニュー。長年の伝統を受け継ぐ名物料理からシェフの技術や長年の経験が生み出した革新的な料理まで、その作品はさまざま。参列してくれたゲストへ、食事を通しておもてなしの気持ちをダイレクトに伝えることができるのが魅力です。

スペシャリテを取り入れた先輩カップルの実例を見る

フランス料理界を牽引するひらまつのスペシャリテで結婚式!ひらまつの結婚式場はこちら

【演出②】新郎新婦のオリジナル料理を取り入れたメニュー

ゲストに提供する料理は、全てシェフと直接打ち合わせをしながらつくる本物のフルオーダーメ二ュー。ふたりの地元名産品を取り入れた料理や、思い出の料理の再現など、ふたりのエピソードにちなんだオリジナルの特別メニューが作成できます。具体的なアイデアがなくても、打ち合わせをしながら料理を提案してもらうことも可能。美味しい料理にゲストへのメッセージを込めたふたりらしいおもてなし演出もオススメです。

関東エリアで「オリジナルメニュー対応」の会場はこちら

東海エリアで「オリジナルメニュー対応」の会場はこちら

関西エリアで「オリジナルメニュー対応」の会場はこちら

【演出③】シェフの料理パフォーマンス

シェフパフォーマンスとは、シェフがゲストの目の前でローストビーフなどを切り分けてくれるカービングサービスや、お肉や魚の香り付けをするフランベなどといった演出のこと。プロの技を間近で体験できるだけでなく、できたての料理を食べられる特別感がうれしい。

【演出④】オープンキッチンでの臨場感のある演出

オープンキッチンのある会場の魅力は、なんといってもできたての料理をゲストに振る舞えること。ベストな状態で料理が提供されるので、食にこだわりのあるふたりにオススメのスタイルです。ゲストにとってもキッチンでの調理の音や炎、匂いなど、食欲をそそる演出そのものがおもてなしに。食べる前からおいしい料理への期待が高まりますね。

関東エリアで「オープンキッチンあり」の会場はこちら

東海エリアで「オープンキッチンあり」の会場はこちら

関西エリアで「オープンキッチンあり」の会場はこちら

必見! 会場見学・ブライダルフェア(試食会)でのチェックポイント

先輩カップルの約5割が参加している「試食会」。実態に料理を食べて味やボリュームの確認ができるので、気になる結婚式場の試食会にはできる限り参加するのがオススメです。そこで、試食会に参加した際に確認しておくと便利なポイントをご紹介しましょう。

■料理のコース内容と料金
まずは、希望する結婚式場でどんな料理コースが用意されているのか、その内容とそれぞれの料金を確認。また、コースの中で食材の変更やランクアップなどメニュー内容の変更が可能かどうか、結婚式場に事前にヒアリングしておくと安心です。

■ドリンクやパン、デザートメニュー
フリードリンクに含まれる内容や追加できるドリンクメニューを確認しておきましょう。乾杯用のドリンクは別料金になっていることも多いので要チェック。さらに、デザートはウエディングケーキを使うのか、デザートビュッフェが行えるかなども結婚式場に確認を。

■クロスや食器、カトラリー
提示された見積り(プラン)に含まれているテーブルクロスのバリエーションや、オプションがある場合はその内容をチェック。また、テーブルの上に置くカトラリーや花器も美味しい食事を演出する大事な要素です。結婚式場の雰囲気や結婚式当日の雰囲気がつかめるので、見学時は忘れず目を配るようにしましょう。

■スタッフのサービスやゲストの導線
結婚式でゲストをおもてなししてくれる会場スタッフの対応も大切なチェックポイント。見学時に試食の機会があれば、料理をサーブしてくれる結婚式場のスタッフに、出された料理のことや会場のことなど質問してその対応を見てみるのもひとつです。

■実際に試食をして味・ボリュームをチェック
ふたりで試食会に参加する場合、できればそれぞれ違うコースを試食しボリュームや味の違いを確認するのがオススメ。ゲストの顔ぶれを思い浮かべながら、「美味しい」と喜んでもらえる内容かどうかしっかりと吟味しましょう。

無料で料理試食ができるブライダルフェアを探す

お肉が食べられるブライダルフェア特集

ゲストの“記憶に残る”、結婚式の美食メソッドとは?

最後に…アレルギー、苦手食材、ゲストへの気遣いも忘れずに

ゲストをおもてなしする食事には、味や見た目だけではなくゲストごとへのさりげない気配りも大切。せっかくのお料理なのに「食べられない!」なんてことがないように、アレルギーや年齢層を配慮した結婚式場への事前確認&気配りを忘れずに。

■食物アレルギー・苦手食材のあるゲスト
アレルギーや苦手な食べ物がないか事前に確認するには、招待状の返信欄の中に必要項目として記入してもらうのがオススメです。

関東エリアで「食物アレルギー対応可」の会場はこちら

東海エリアで「食物アレルギー対応可」の会場はこちら

関西エリアで「食物アレルギー対応可」の会場はこちら

■年配ゲストが参列する場合
こってりとした料理やお肉など固い食べ物がある場合、個別に別のメニューに変更したり、細かく切ってもらうなど別手配を結婚式場に依頼しておきましょう。ナイフ・フォーク以外にお箸を用意しておくと便利。

■子どものゲストが参列する場合
年齢によって食べられるものが変わってくるので、通常メニューにするか子ども用のメニューにするか、まずは親に確認を取るのがベスト。食事内容についても結婚式場に確認を。


【おまけ】結婚式の料理選びの豆知識! 縁起がよい食材5選をご紹介

■海老
海老は背中が曲がっていることから、腰が曲がる歳まで長生きできるようにという願いを込めて長寿を表す食べ物とされています。伊勢海老やオマール海老といった高級食材を用意している結婚式場も多くあります。

■鯛
「お目でたい」という言葉をもじった鯛。結婚式以外でも古くかお祝いの食べ物としてたびたび登場する縁起物の代表格。

■ハマグリ
ハマグリの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合わないことから、一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められています。

■数の子
卵の数がたくさんあることから、子孫が繁栄しますようにと願いが込められていて、黄金色をしていることから「黄色いダイヤ」とも呼ばれています。

■昆布
一般的に「よろこぶ」を文字って縁起物とされている昆布ですが、それ以外に昆布に「子生」の字をあてた子孫繁栄の意味も。


※1【アンケート概要】
調査期間:2015年3月20日~2015年3月26日 、調査対象:1333名(男性457名、女性876名)でのインターネット調査

※2【アンケート概要】
調査期間:2016年10月26日~2016年10月28日 、調査対象:既婚女性200名でのインターネット調査

料理の評判が高いお墨付き会場を編集部がPick Up!


ラリアンス(L’Alliance) (東京都/飯田橋駅)
詳細を見る
3年連続ミシュラン一ツ星に輝くフレンチの名店! 天井高15mの空間で贅沢なひと時を
大人の街・神楽坂の入り口に佇むレストラン「ラリアンス」。日本の四季を感じる食材で作られる、フレンチと和が融合した「フランコジャポネ」は列席経験豊かなゲストからも大好評。ふたりだけのオリジナルメニューやパフォーマンスの提案をはじめ、「祖父が丹精こめて作ったお米を使いたい」「出身地の野菜を取り入れたい」などといった食材のリクエストや、ゲストが料理を選ぶことができるコースにも対応。ハーフコースや「特選牛フィレ&とろけるフォアグラ」の無料試食フェアへの参加がオススメです。
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 人前式 神前式 仏前式
収容人数 着席30名~100名、立食40名~150名
星付きレストランのオーナーシェフが作り出す、珠玉のモダン・キュイジーヌ
東京駅から徒歩1分、丸ビルの35階に位置する「サンス・エ・サヴール」。1998年から約20年間、三ツ星に輝き続ける双子のオーナーシェフ・プルセル兄弟が生み出す料理は、地中海料理をベースにした新感覚のメニューで、重厚でクラシカルな料理こそ王道と言われたフレンチに、繊細で軽やかな新風を吹き込みます。レストランウエディングのパイオニア「ひらまつ」ならではの上質なサービスも魅力。随時開催中の無料試食付フェアで、地上153mからの東京の絶景も体感してみて。
収容人数 着席30~80名、立食 ~150名 ※30名以下の個室あり 
ENOTECA PINCHIORRI(エノテーカ ピンキオーリ) (愛知県/地下鉄東山線・桜通線・JR線「名古屋駅」)
詳細を見る
世界の美食家に愛されるイタリアの名店の味でおもてなし。42階からの眺望も魅力!
名古屋駅直結。地上200mの絶景が広がるレストラン「エノテーカ・ピンキオーリ」。フィレンツェの本店は12年連続ミシュランの三ツ星を獲得する名店で、世界中の美食に愛されています。
料理は、トスカーナ地方の伝統料理にフランス料理の要素を加えて作られたメニュー。三河湾や伊勢湾で水揚げされる新鮮な魚介類、知多半島の野菜をはじめ、イタリアから直送のポルチーニ茸やエキストラ・ヴァージンオイルなど旬の厳選素材を生かした逸品が魅力です。本場三ツ星の味とサービスをいち早く体感できる無料試食付フェアでぜひその味を確かめて。
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 人前式
収容人数 披露宴会場:着席30~70名、個室:着席~16名(少人数会食対応可能)
注目情報
ENOTECA PINCHIORRI(エノテーカ ピンキオーリ)のブライダルフェアはこちら
ラ・ロシェル山王 (東京都/溜池山王駅/国会議事堂前駅)
詳細を見る
”フレンチの鉄人”坂井シェフの感性が光る、フレンチと懐石を融合した逸品
メディアでも数多く取り上げられる坂井宏行シェフが1980年に開店した人気レストラン。2005年フランスより農事功労賞「シュヴァリエ」を受勲した一流シェフが振舞うのは、フランス料理と日本の懐石料理を巧みに取り入れた「懐石フレンチ」。極上の素材を使った色使いの美しい料理は幅広いゲストから好評です。特に、スペシャリテのフォアグラコロッケはぜひメニューに取り入れたい逸品。ショートコースを無料で味わえる限定フェアもあるので早目にチェックを!
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 人前式 神前式
収容人数 (着席)40名~80名 (立食)60〜90名
新横浜駅徒歩1分! ウエディングのために造られたホテルで、おふたりらしい結婚式を
新横浜駅から徒歩1分と、遠方のゲストにも嬉しい好立地。ヨーロピアンテイスト薫る館内は非日常の空間。披露宴では、伝統と新しいスタイルを融合させたオリジナル料理が、幅広い世代のゲストを楽しませてくれます。素材選びや調理法、盛り付けにもこだわりがあふれる料理を試食フェアで確認してみよう!
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 人前式 神前式
収容人数 着席2名~180名、立食30名~250名
一品一品創りあげる完全オリジナルメニューでゲストをおもてなし
西洋と和の心が出会い生まれた"大正浪漫"の魅力を存分に詰め込んだ会場。和・洋どちらも映える披露宴会場でオリジナリティあふれるウエディングが可能。「感謝の気持ちをちゃんと伝えられるように」との想いから、料理は完全オリジナルメニューに対応。一品ずつシェフと相談して創る美食に、ゲストも大満足!
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 人前式
収容人数 着席150名、立食250名
詳細を見る
地上152mからの景色は圧巻! 絶景と美食のペントハウスウエディング
間近にそびえる東京タワー、レインボーブリッジを見渡すオーシャンビュー。浜松町駅直結のビル38-40階にあり、ニューヨークのペントハウスを思わせるセレブリティなウエディングがかないます。料理を担当するのは90年の歴史を誇るフレンチの老舗「東京會舘」。なかでもローストビーフは絶品で、グルメなゲストもうなること間違いなし!
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 人前式 神前式
収容人数 着席6名~120名
詳細を見る
ホテル ザ・マンハッタン (千葉県/海浜幕張駅)
エレガントな空間でおもてなし。看板メニュー「ロッシーニ」は絶品!
幕張新都心の緑豊かな公園に隣接。高い天井と伝統的なアールデコ調のインテリアで統一された館内は、落ち着いた雰囲気で幅広いゲストを魅了します。一世紀以上の歴史があるステンドグラスが見守るチャペル。エレガントなパーティ空間。料理にも定評があり、フォアグラ、トリュフなどを使った看板メニュー「ロッシーニ」は一度食べたら忘れられない逸品!
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 人前式 神前式
収容人数 着席2名~250名 / 立食20名~400名
詳細を見る
ミシュランシェフ仕込みのフレンチを堪能! 料理重視のカップルから高い支持
グランシェフ上條一が贈る珠玉の料理は、レストランならではの格式高い美食。素材と対話して引き出せる美味しさのすべてを、ひと皿の料理のなかに込めることで生まれる深い味わいがおもてなしの主役となります。
挙式スタイル 教会式(チャペル式) 人前式
収容人数 着席 2名~ 100名
詳細を見る

< 伝統と格式を感じる和婚特集 ~大人花嫁が注目する理由とは?~  |  一覧へ戻る  |  会費制の結婚式ができる会場特集 >