婚約指輪のお返しはするべき? する場合の費用や人気商品は?

PICK UP コンテンツ

マイナビウエディング 2022年サマーキャンペーン
35475408_m.jpg
婚約指輪をパートナーからもらえば、きっとどんな人でも嬉しいはず! でも、悩んでしまうのは「婚約指輪のお返しって必要?」ということ。中には「婚約指輪を渡したのにパートナーがお返しをくれなかった」「指輪とお返しの値段がかなり違っていて喧嘩になってしまった」など、せっかく「愛の証」として贈られた婚約指輪が、トラブルの元になってしまったなんて声も……。
そんな状況を避けるために、婚約指輪のお返しについての基本をご紹介します。






【アンケート】婚約指輪のお返しした人は全体の何パーセント?

そもそも、婚約指輪のお返しは必要なのでしょうか?
マイナビウエディングのアンケートでは、婚約指輪のお返しをしたという人は25.8%。また「する予定がある」という人を加えると、約3割の人は「婚約指輪をもらったらお返しをした」ようです。

逆に、4割近い人はお返しをしなかったという回答でした。
婚約指輪のお返しは「しなければならない」というルールがあるものではありません。最終的には2人の気持ちや状況を踏まえ、どうしても決めかねるのであれば、直接パートナーやご家族とどうするか相談してしまってもよいでしょう。


Q.婚約指輪のお返しをしましたか?

した……25.8%
しなかった……39.0%
する予定がある……6.1%
婚約指輪はもらっていない……29.1%


お返しの相場金額は?

ではお返しをする場合、どのくらいが相場なのでしょうか?
一般には「半返し」と言われていますが、地域差やその時のお互いの経済事情などでも変わってきます。また、東西で文化が異なることもあり、一概に「いくらくらいなら正しい」ということは言えません。婚約指輪をもらった代わりに新婚旅行を多めに負担した…など、「物」ではなく結婚にまつわるなんらかの費用を負担することで「お返し」とするカップルもいるようです。

なお婚約指輪の平均購入金額は【30万円前後】なので、その半返しという事であれば【15万円前後】というのが相場ということになります。

>>婚約指輪・結婚指輪の相場は? 年代別や年収別の購入平均価格や実際に購入したブランドもご紹介!



【アンケート】お返しにはどんなものを贈った?

ではお返しにはどんなものを贈るのが良いのでしょうか? マイナビエディングのアンケートでは、もっとも人気があるのは「時計」で、48%の方が時計を選んでいます。そのほかもアクセサリーや衣料品等、身に着けるもので、かつ普段使いできるものが積極的に選ばれているようです。

Q.婚約指輪のお返しには何を贈りましたか?

1位 時計……48%
2位 結婚指輪……15%
3位 その他アクセサリー……10%
4位 衣料品(スーツなど)……8%
4位 その他(財布、旅行、カメラなど)……8%


<先輩花嫁の声>
「彼にも残るものを送ると喜ばれるので時計にしました。金額は大体指輪の半分です。彼が営業職で営業としていい時計をつけることは大切だと思ったので」(30歳/医療・福祉)

「ちょうど相手の誕生日が近かったので、欲しがっていた財布にした。価格は指輪のほぼ半分。金額的にもちょうどよく、本人にも喜ばれたので」(39歳/商社・卸)

「相手にも一生の記念となるものをあげたいと思いネクタイピンに。仕事中も付けられるから。費用は頂いた指輪の3割位です。」(34歳/運輸・倉庫)

「本人がほしがったから万年筆にしました。費用は指輪の3分の1くらいでした。金額というより、相手のほしがるものをあげるのがよいのでは。」(33歳/医療・福祉)





>>結納返しの相場は?人気の品物は?先輩たちのリアルな事情をアンケート調査!


>>お返しの品物で人気の「時計」。男性に人気のブランドのオススメモデルを大特集




お返しを渡すタイミングや注意点は?

プロポーズのタイミングで婚約指輪をもらっている場合は、お返しは結納か両家顔合わせまでに準備するようにします。顔合わせの席で婚約指輪のお披露目があれば、そのタイミングでお返しを渡すのがよいでしょう。

注意点として、現在は少なくなってきているものの正式に「結納」という形を取る場合は両家で結納金をやりとりするケースもありますが、この時にやりとりされるお金と、婚約指輪やそのお返しについては基本「別物」と考えたほうがよいでしょう。

また、本人が喜ぶからと電化製品や趣味の品をお返しとして贈るケースもありますが、電化製品は買い替えのサイクルがあり長く手元に残るものではなかったり、趣味の品はご家族の目から見た時にその価値がわからなかったり、ということもあります。
2人の間で納得していればよいのか、それともご家族の意向も踏まえるべきなのかといった点は、のちの関係悪化を防ぐ意味でも事前によく話し合っておく必要があります。



まとめ

婚約指輪のお返しをするかしないか、また、する場合はいくらくらいが良いのか……。一般的な傾向はあるものの、結局は2人や双方ご家族の考えや状況で決めることが大切。
何より、婚約指輪もそのお返しも、2人が「家族になった時の大切な記念の品」。心に残るようなものを贈れることが一番ですね。

※アンケート:マイナビウェディング調べ(2015年7月実施。有効回答数213件。22歳~40歳以上の働く女性)