結婚式場探しならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > 結婚式場のタイプ別違い > レストランでの結婚式の魅力、メリット・デメリット

レストランウエディングとは? メリット・デメリットや流れ、会場探しのコツまで徹底解説

main_img_restaurant.jpg
料理重視やアットホームな雰囲気にしたいカップルに人気のレストランウエディング。その魅力やメリット・デメリット、さらに結婚式当日の流れを解説します。また、レストランは会場ごとに設備や対応できる内容もさまざまなので、ふたりの条件に合う会場探しの流れや、知っておきたいレストランウエディングの実態をあわせてチェックを。実際にレストランウエディングをした先輩カップルの声や、結婚式場探しのプロが教えます。

≫先輩花嫁283名が選んだ会場タイプをランキングで紹介


レストランウエディングはココが魅力! 3大オススメポイント

■料理が断然おいしい
レストランで結婚式をする多くの花嫁は、ゲストの満足度を左右する「おいしい婚礼料理」を求めています。実際、「レストランウエディングにした理由」の1位は「料理にこだわりたかった(50.4%)で、先輩花嫁の中にはミシュランの星付きレストランを選んだという人も。キッチンが披露宴会場のすぐ近くにあるので、式の進行状況にあわせて料理をベストタイミングで出してくれるなど、料理を美味しく食べるための配慮も高ポイント。

■ゲストとの距離が近く、自由度の高いアットホームな結婚式
1日1~2組限定で会場すべてを貸切りにできたり、アイテムの持ち込みがOKなど、自由度の高さも魅力のひとつ。新郎新婦とゲストの距離、またゲスト同士の距離も近いので、派手な演出や余興を行わなくても、楽しい会話とおいしい料理を囲んだアットホームなおもてなしがかなえられます。

■内装のテイスト・雰囲気もさまざま
お店の雰囲気に一目ボレするカップル続出!? モダン、クラシック、オリエンタルなど、お店のコンセプトによって内装や料理もさまざまなので、ふたりのイメージに合う所が見つかりそう。


先輩カップルがレストランウエディングにした理由と、メリット・デメリット体験談

では、ここからは実際にレストランで結婚式をした先輩カップルに、レストランを選んだ理由と、結婚式を終えて、レストランウエディングで想像以上によかったメリットと、反対に意外と残念だったデメリットを聞いてみました。

<レストランにした理由>
料理にこだわりたかった・・・50.4%
ゲストとの距離が近いアットホームな式にしたかった・・・36.7%
少人数ウエディングに対応している・・・33.7%
費用を抑えたかった・・・23.7%
貸切にしてプライベート感がほしかった・・・21.7%
オリジナリティある結婚式にしたかった・・・13.2%
会費制にしたかった・・・7.5%
結婚式後にも記念日などで利用したかった・・・7.0%
持ち込みの自由度が高かったから・・・5.5%

<想像以上によかったメリット>
◆おいしいものをあたたかいうちにゲストに楽しんでもらえたこと。(35歳/小売店)
◆披露宴当日は慌ただしいながらも、お色直しのときに控え室にコース料理を運んでくれていて、新郎新婦にも関わらずしっかり食べることができた。 (28歳/金融・証券)
◆演出がレストランにしては大規模にできた。(27歳/医療・福祉)

<意外と残念だったデメリット>
◆控え室が小さく、また喫煙場所が限られていたので親族に若干不評だった。(27歳/情報・IT)
◆テーブル間隔がドレスに対して狭かった。(30歳/医療・福祉)
◆ゲストや親族の待合場所がもう少し広いと良かった。(29歳/医療・福祉)

いかがですか。先輩カップルのリアルな声を聞くと、よりレストランウエディングをイメージできますよね。なお、上記の「意外と残念だったこと」は、会場選びや会場見学をする際のチェックポイントにして、会場を決める際の参考にすると良いでしょう。


レストランウエディングの当日の流れ

ここからは、レストランウエディング当日に行われる、一般的な披露宴の式次第・流れをご紹介します。ただ、レストランウエディングだからといって、ホテルやゲストハウスでの結婚式と大きな違いはありません。

《披露宴の式次第 例》
・ゲスト入場
・新郎新婦入場
・開宴挨拶
・新郎新婦紹介
・祝辞、乾杯
・歓談・お食事
・ケーキカット
・新郎新婦お色直しのため退場
・歓談・お食事
・新郎新婦再入場、キャンドルサービスなど
・ゲストによる余興など
・新婦の手紙
・親へ記念品・花束贈呈
・謝辞
・新郎新婦退場
・お見送り


一般的な披露宴・パーティの時間は約2時間半~3時間。レストランウエディングの場合は比較的プログラムも時間も自由に組むことができるので、ゲストとの時間をどれくらい取りたいか、お色直しをする・しないによってアレンジするのもひとつです。
レストランウエディングの人気演出ランキング&アイデア集

なお挙式については、先輩カップルのうち約8割が挙式を行っていました。そのほとんどが教会式・チャペル式(60%)で、次いで人前式(20%)という結果に。チャペル式・人前式を行った人の約半数はレストラン以外の場所で挙式を行っています。その理由は、「場所のこだわりがあったから(34歳/東京都)」「海外挙式だったから(29歳/埼玉県)」「レストランにチャペルが無かったから(33歳/東京都)」など。中には「場所を変えたかった(29歳/東京都)」「挙式は家族だけで行いパーティとは別日程だったから(30歳/兵庫県)」という理由もありました。


レストランウエディングの会場選びの流れ

では次に、会場選びまでの流れをみてみましょう。大きな流れは他の会場タイプ(ホテルやゲストハウスなど)を選ぶときと同じですが、特にレストランは会場ごとに特長が異なるため、各ステップのなかでの検討ポイントをしっかりチェックして、効率よく理想の会場を見つけましょう。

1.条件を決める
まずはふたりが思い描く結婚式の条件を挙げていきましょう。
■挙式をする・しない
レストランの場合、チャペルが併設されていない会場もあるので挙式をする・しないを決め、する場合はチャペルのあるレストランに絞るか挙式は別の施設で行うか検討します
■ゲスト人数
貸し切りにできる人数や収容可能な人数が限られているので、お招きしたいゲストのおおよその人数を把握しておきましょう
■場所・アクセス
遠方ゲストがいるか・いないかによって、結婚式を挙げる場所やアクセスのしやすさはとても重要。また宿泊が必要なゲストをお招きする場合は、周辺のホテル情報などもチェックしておくのもオススメです
■料理タイプ
レストランとひとことで言っても、フレンチやイタリアン、日本料理などジャンルは様ざま。ゲストの顔ぶれも考慮しながらどの料理で当日おもてなしするか検討しておきましょう
■予算
ゲストからのご祝儀も含めて、ふたりが結婚式で使える予算を決めておきましょう
■日程
ふたりの希望とゲストに負担なく足を運んでもらえる時期を検討しながら、いつごろ結婚式を挙げたいか事前に決めておくと会場選びがスムーズです
■持ち込みたいもの
お気に入りのウエディングドレスや手作りアイテムなど、持ち込み可能かどうかまた持ち込める場合、持ち込み料がかかるかなど事前に確認しておくと安心


2.WEBで検索or結婚式のプロに提案してもらう
マイナビウエディングで探す方法
ふたりの条件が整ったら、その条件にあう会場をWebで絞り込んでいきましょう。気になる会場があれば、ぜひチェックしてほしいのが「費用シミュレーション」ページ。その会場での詳細な見積もり金額を招待人数ごとに確認できます。さらに、金額の内訳をみれば、対応してくれる項目とその金額もわかるのでとても便利。
また、「プラン検索機能」では、たくさんあるレストランウエディングの中から、ふたりの条件に合った掘り出し物のオトクなプランを検索可能。気になる会場が見つかったら、レストランの実力が吟味できる試食付きのブライダルフェアへの参加がオススメです。フルコースやハーフコース、ワンプレートなど様ざまな試食タイプがあり、ワンコインなどの特別価格と無料の場合があるので事前に確認しておきましょう。ブライダルフェアは各会場の「予約ボタン」から簡単に参加予約が可能。参加するだけでもらえる特典を用意している会場も多いので、オトクにかしこく会場選びを進めてね!
都道府県別にレストランウエディングができる式場を探す

マイナビウエディングサロンに相談
漠然とレストランウエディングがいいなと思っているけど、何からどう検討したらいいのか解らない…というカップルは、無料で結婚式の相談ができる「マイナビウエディングサロン」がオススメ。結婚式場探しのプロであるサロンコンサルジュがふたりの希望をヒアリングして会場提案&アドバイスしてくれます。また、サロンコンシェルジュは各結婚式場の料理も試食し熟知しているので、気になるレストランの料理や内容についても詳しく質問でき、会場の公式サイトやWEBでは公開されていないより詳細な情報を聞くことができます。
結婚式の相談ならマイナビウエディングサロンへ


3.会場見学
レストランは会場によって扱う料理のジャンルが異なるのはもちろん、立地や設備、結婚式で対応してくれる内容・手配してくれるアイテムなども異なります。会場見学時には、以下のチェックポイントにそってしっかり確認しましょう。

■会場見学時のチェックポイント
・控え室や待合室の有無
到着したゲストの待合室や親族の控え室、ふたりのブライズルームをチェック
・トイレの状態
男女別でトイレがあるか、場所や数、清潔感など、ゲストの人数・顔ぶれを想像しながらチェック。お子様連れのゲストを招待するならベビー用のおむつ台が用意されているかも確認しましょう。
・ゲストの着替えについて
特に遠方ゲストがいる場合には、会場で着替えを希望する場合もあるので着付けや着替えができるスペースがあるか確認を
・会場導線
エントランスからパーティ会場までの段差などバリアフリー状態やエレベーターの有無など、当日のふたりとゲストの導線を確認しておきましょう
・挙式会場
チャペルの雰囲気や収容人数はもちろん、レストランの場合はガーデンやパーティルームで挙式ができる場合も
・少人数ウエディングに対応した個室
少人数の場合、会場全体を貸し切ることができなくても個室で対応してもらえる会場も
・スタッフの接客
受付スタッフや試食会でのサービススタッフ、担当者の対応を実際体感できる貴重な機会なので、しっかりチェックしておきましょう
・会場設備
プロジェクターやスクリーンの有無や位置、音響や照明など希望する設備が整っているか確認を
・日取りの空き状況
ふたりが希望する日程の予約状況を確認しておきましょう。また、希望に沿った見積書をもらい、少なくとも2~3箇所会場をまわって比較検討した上で決定するのがオススメです

4.決定!
会場見学を終え、条件に合うレストランが見つかれば結婚式の申し込みをしましょう。ちなみに、レストランウエディングをした先輩カップルが会場選びの際に重視したポイントを聞いたところ、最も多いのはやはり「料理(67.8%)」、次いで「会場の雰囲気(60.9%)」、「貸切ができるか(29.2%)」でした。参考にしてみてくださいね。


会場探しの前に知っておきたい、レストランウエディングでの会場ごとの“違い”

 (左) アルジェントASAMI, (右) ガーデンダイニング(グランドニッコー東京 台場内)
 (左) 響 品川 HIBIKI, (右) エレガンテヴィータ

結婚式ができるレストランはどんなタイプがあるの?
レストランと言っても、さまざまなタイプやスタイルの会場があります。それぞれどんな結婚式を挙げることができるのかレストランのタイプ別にご紹介しましょう。

■高級レストラン
そこでしか食べられない逸品(スペシャリテ)や有名シェフが腕を振るうなど、特別な1日にふさわしいスペシャルなおもてなしの数々が魅力。年配や目上のゲストも満足してくれそう。

■ホテル内レストラン
ホテルの中にあるレストランでも結婚式が可能です。ホテルの宿泊や撮影スタジオなど充実した設備が利用できるなど、レストランウエディングでありながら充実したサービスとホスピタリティが魅力。

■料亭
和スタイルのレストランウエディングを希望するカップルにオススメなのが料亭。格式ある老舗料亭など料理の美味しさはもちろん、美しい日本伝統美が魅力の結婚式がかなえられます。神前式後に和の雰囲気で会食や披露宴を希望する花嫁にも支持されています。

■カジュアルレストラン
レストラン=カジュアルな結婚式というイメージの人も多く、みなさんが最もイメージするのはこのタイプかもしれません。ブッフェスタイルの1.5次会や2次会などでの利用にオススメです。

ウエディング専属のスタッフの有無
結婚式を多く手がけるレストランには、ウエディング専属のスタッフがふたりの結婚式の準備から本番までを担当してくれます。いない場合は、どこまで会場側が対応してくれるのか、また自分たちで手配した業者(衣装やヘアメイク、演出など)を持ち込んで良いかどうか、事前に確認しておきましょう。もし結婚式に対してふたりのやりたいことが具体的にあり、自己手配する業者との打ち合わせを個別に行えるのであれば、結婚式専門スタッフがいないレストランでも、ふたりの思い描く理想通りの結婚式を挙げることも可能です。逆に結婚式に対して具体的なイメージがない場合には、専門担当者がいるレストランを選ぶ方がよいでしょう。


あなたは大丈夫!? レストランウエディングの“あるある勘違い”


■レストランなら安く結婚式ができる?
レストランウエディングは他の会場に比べてリーズナブルな結婚式が挙げられると思う人もいるよう。実際、貸し切りにできたり持ち込みが自由な会場が多いので、お金のかけどころ・削りどころを工夫できるメリットはありますが、格式の高いレストランや老舗料亭など他の会場と比べても料理や演出など料金的に変わらない場合もあります。また、リーズナブルなレストランウエディングは、ビュッフェスタイルのカジュアルなパーティや、控え室などの設備がないなど1.5次会や二次会向けの場合が多いので、料金に何が含まれていて、どんなスタイルのパーティが行えるのか確認する必要があります。

■「少人数ウエディングなのでレストラン」は間違い?
招待するゲスト人数が少ないからという理由でレストランを検討するカップルもいますが、少人数では貸し切りにできない会場も。貸切でプライベート感あるウエディングにしたいなら、招待人数でにあった個室があるかどうかも会場選びの重要ポイントです。また、ホテルや専門式場にも少人数向けの個室があるので、そのことも視野に入れて会場選びするのがオススメ。

結婚式の相談ならマイナビウエディングサロンへ


プロが教える! レストランウエディングのワンポイントアドバイス

最後に、フリーウエディングプランナーの岡村奈奈さんに、レストランでの結婚式でのメリット・デメリットや、見学時のポイントを教えていただきました。

1.このレストランを選んだ理由がポイント
レストランをウエディング会場として選ぶとき、料理はもちろんのこと、「このレストランだから」と説明できるような理由を持っているかがポイント。控え室やトイレ、音響照明などパーティのための設備がないことも多く、特に立地やレストラン内の移動ではゲストにとって便利とは言えない場合もあると思いますが、ふたりが普段から利用しているお気に入りの場所であるとか、料理や雰囲気が好きなど「ここだから」という理由があると周囲も積極的に協力してくれるはずです。

2.料理をおいしく食べてもらうための配慮を
レストランウエディングにはやはり料理を期待したいもの。そのためには、メニュー決めや金額だけでなく、いかに「おいしく食べてもらうか」も大切です。たとえば写真を撮ったり参加型演出など、席を立って食事の手を止めるような場面が多いと、出された料理を最適のタイミングで食べてもらえない場合もあります。料理にこだわるなら、食べてもらう空間づくり全体にも気を使いたいですね。

3.レストランウエディングはカジュアル!?
かつてはレストランウエディングと言えば、肩の力が抜けた、アットホームでカジュアルなものという印象を持たれていました。とくに「金額が安い」というイメージがあり、今もそれが先入観にあるカップルも少なくないようですが、オーナーシェフなど知名度のあるレストランなどでは、コース料理の価格が他の会場タイプよりもはるかに高額になる場合もありますし、世界基準のサービスが徹底しているなどスタイルはさまざまです。レストランという大きなくくりでなく、そのお店のスタイルを知り、内容や予算がトータルでふたりに合うかよく見極めて。


※アンケート概要
調査期間:2018年4月9日~4月10日
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:25~35歳 全国 既婚男女401名



\ 他の会場タイプとメリット・デメリットを比較 /
専門式場 > ゲストハウス > ホテル

< レストランウエディングの人気演出ランキング&アイデア集  |  一覧へ戻る  |  福岡県でお肉の無料試食があるブライダルフェア >