H.Moser&Cie(H.モーザー)のメイン画像1

H.Moser&Cie(H.モーザー)のメイン画像2

H.Moser&Cie(H.モーザー)のメイン画像3

H.Moser&Cie(H.モーザー)のメイン画像4

H.Moser&Cie(H.モーザー)のメイン画像5

美しい文字盤に秘められたシャフハウゼンの誇り

H.モーザーは1828年にハインリッヒ・モーザーにより設立されました。今日では実用的な独自機構や時計の心臓部ヒゲゼンマイも自製するなど屈指の技術力を誇るメーカーとして知られ、年間1200本程度しか生産できません。一方でその自由なモノづくりができる環境を活かし、保守的な時計業界が抱える問題を提起する挑発的な作品を発表し、業界内外からも注目を集めています。

NEW ITEM
新着アイテム

シャフハウゼン時計製造のパイオニア

H.Moser&Cie(H.モーザー)の特徴1

ライン川の滝が有名なスイス北東部の街、シャフハウゼン。この街に生まれたハインリッヒ・モーザーは1828年に自身の名を冠したブランド「H.モーザー」を創業し、ロシアを拠点に成功を収めました。一方で故郷であるシャフハウゼンに水力発電所を建設するなど工業化にも貢献。IWCの創業にも参画するなど、街を発展させた名士として今でもその存在は神格化されています。

リアル・マニュファクチュール

H.Moser&Cie(H.モーザー)の特徴2

時計メーカーであると同時に部品サプライヤーでもあるH.モーザー社。特にスイスでも極僅かなヒゲゼンマイや脱進機を他社に供給できるリアル・マニュファクチュールとしての体制が整っており、非常に多くのブランドが顧客に連ねています。当然のことながら搭載されるムーブメントは全て自社製造によるもので、実用的なコンプリケーションが多々搭載されています。

フュメ・ダイアル

H.Moser&Cie(H.モーザー)の特徴3

文字盤の外側が濃く、内側が淡い独特なグラーデション。 まるで深海や天空の美しい色調をそのまま反映したような文字盤は仏語で煙を意味する「フュメ」と称されます。ロゴやインデックスを排し、美しさを際立たせた「コンセプト」モデルは、究極のミニマリズムを表現した時計と言えるでしょう。カラーリングに200回以上の工程を必要とされる文字盤は、同じものが一つと存在しません。

COLLECTION
人気コレクション
BRAND NEWS
ブランドニュース
SHOP
直営店
PICK UP SHOP
おすすめ店舗
BRAND LIST
ブランド一覧

H.モーザー

カンパノラ

ショパール

ベル & ロス

オメガ

オフィチーネ パネライ

ジャガー・ルクルト

グランドセイコー

アイ・ダブリュー・シー

カール F. ブヘラ

ウブロ

ロンジン

ゼニス

リシャール・ミル

ブライトリング

ボーム&メルシエ

A.ランゲ&ゾーネ

グラスヒュッテ・オリジナル

タグ・ホイヤー
PICK UP
CONTENTS
おすすめ編集コンテンツ


TOPへ戻る