結婚式場探しならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > 結婚式場のタイプ別違い > レストランでの結婚式の魅力、メリット・デメリット > レストランウエディングでのドレスの選び方のポイントは?Aライン・スレンダー・マーメイドなどドレス実例も

レストランウエディングでのドレスの選び方のポイントは?Aライン・スレンダー・マーメイドなどドレス実例も

レストランウエディングドレス
結婚式・披露宴の会場が決まったら、あるいは結婚式場を決める前から"着たいウエディングドレスがある"という花嫁も多いのでは? でもちょっと待って! ウエディングドレスを選ぶ際には、花嫁に似合うことはもちろん、会場タイプに合わせたドレス選びも大切なんです。特にレストランでのウエディング・パーティを予定しているなら、会場の雰囲気や広さ、パーティのスタイルや演出などを考慮したドレス選びがより重要となります。そこで、レストランウエディングでのドレスの選び方やポイントについて解説します。


レストランウエディングの特徴とは?

レストランウエディング
photo:GLLARE MARUYAMA(グラーレ マルヤマ)

そもそもレストランウエディングとは、どんな結婚式なのでしょうか? ここでは、レストランウエディングならではの魅力や特徴をご紹介します。

■アットホームな雰囲気の会場が多い
レストランでのウエディングの場合は、1日1組限定や貸し切りができる会場が多く、プライベート感あふれる空間が特徴。また、他のタイプの結婚式場と比べてこじんまりした会場も多く、和やかでアットホームな雰囲気の結婚式を希望する花嫁から人気のよう。

カジュアル&アットホームな結婚式を!先輩カップルの実例やオススメアイデアをご紹介(テーマ特集②)

■ガーデンやテラスがあるレストランなら自由度の高い演出が可能
プライベートテラスやガーデンが併設されている会場もあるから、ウェルカムタイムやデザートタイムなど自由度の高い演出が可能に。ゲストとの距離も近く会話を楽しめるスタイルもレストランウエディングならではの魅力と言えます。

【ガーデンウエディング】人気の演出・装飾・ドレス、雨天やおすすめの季節、先輩カップルの実例などをご紹介


レストランウエディングの人気演出ランキング&アイデア集


■会費制などカジュアルな雰囲気のウエディングもできる
ご祝儀制の結婚式はもちろん、1.5次会や会費制などカジュアルな雰囲気のウエディングにも対応できるのはレストランならでは。1日1組の貸し切りなら、2部制ウエディングにして1つの会場で1日中たっぷり楽しむことも可能。

レストランウエディングとは? メリット・デメリットや流れ、会場探しのコツまで徹底解説


レストランウエディングにぴったりのドレスのデザインタイプは?

Fish Bank TOKYO1

▲愛らしい小花をあしらったAラインのウエディングドレス。チュールのスカートにハリがあり、スカート丈もジャストサイズなので足さばきも自由です(画像提供:Fish Bank TOKYO(フィッシュバンクトーキョー)

アットホームな雰囲気のなか、ゲストとの距離の近さも魅力のレストランウエディング。会場によっては、スペースに余裕がない場合もあるので、ウエディングドレスは動きやすさを考慮したデザインがオススメですが、実際にレストランウエディングを行った先輩花嫁がどんなドレスを着たのかも気になりますよね。そこで、レストランウエディングを行った先輩花嫁にアンケートを実施(※注)。結婚式で着たウエディングドレスのタイプについて聞きました。先輩花嫁がドレスを選んだ理由や選び方のポイント、具体的なウエディングドレスのデザインも合わせてご紹介します。


■1位「Aライン」「プリンセスライン」
ジャストな丈をチョイスして、ボリュームを抑えるのがポイント

ウエディングドレスといえば、「Aライン」や「プリンセスライン」が広く人気を集めていますが、レストランウエディングでもそれは変わらないよう。ただし、Aラインやプリンセスラインのドレスはスカート部分にボリュームがあるので、会場の広さや動きやすさなども気になるところ。そのため、レストランウエディングならジャスト丈のドレスを選べば、スカートに足を取られることなく、スムーズに動くことができます。また、先輩花嫁たちがAラインやプリンセスラインのドレス選びで気をつけたポイントとして「動けるようにあまり長すぎないドレスを選んだ」「裾が広がりすぎていないウエディングドレスを選んだ」「ヴェールやドレスの裾が長すぎないものにした」「挙式のときとイメージを変えられるように、取り外し可能な付属品が付いているドレスにしました」などが挙げられました。ここでは、先輩花嫁たちの意見をもとに、レストランウエディングにオススメのドレスをご紹介します。



▼煌くビジュー使いが印象的なAラインドレス。軽い素材感が歩く姿をエレガントに演出してくれる一着

(画像提供:Fish Bank TOKYO(フィッシュバンクトーキョー)



▼ウエディングの主役にふさわしい気品あふれるAライン(ソフトマーメイドライン)のドレス。甘くなり過ぎないスタイリングがオススメ

(画像提供:Fish Bank TOKYO(フィッシュバンクトーキョー)



▼ボリュームたっぷりのプリンセスライン。見た目よりも足元は軽やかだから動き回りたい花嫁にぴったり

(画像提供:ウエディングレストラン ジュレ



▼エアリーなスカート部分が印象的なAライン。自然光あふれる会場やガーデンにベストマッチ

(画像提供:Fish Bank TOKYO(フィッシュバンクトーキョー)


似合うウエディングドレスが探せる! 衣装試着ができるブライダルフェアをチェック!


■2位「マーメイドライン」「スレンダーライン」
裾が広がり過ぎないタイプならオシャレで動きやすさも抜群


▲美しいシルエットでエレガントなマーメイドタイプのドレス(右)。近年、人気が高まっている。(画像提供:アヴァンセリアン 東京(AVANCER LIEN TOKYO)


動きやすさを考慮するなら、ドレスのスカート部分のボリュームを抑えた「マーメイドライン」や「スレンダーライン」がオススメです。スカートのボリュームが少ない分、生地の素材やビジューなどのあしらい、カットやデザインにこだわった花嫁ならではの華やかさを演出してくれるドレスが多いのも特徴的。

マーメイドラインやスレンダーラインのドレスを選んだ先輩花嫁の回答でも「会場が狭いのでボリュームのない、スリムなタイプのドレスを選んだ」「裾が広がりすぎないドレスで動きやすそうなものにした」「会場の通路が狭いので動きやすいドレスにした」など、“動きやすさ”を重視した声が目立ちました。

▼総レースが流れるバックスタイルが印象的なスレンダーライン。自然光が差し込む会場なら、より美しさが引き立つデザイン

(画像提供:フランス料理アルピーノ



▼トレーンが花嫁らしさを引き立ててくれるスレンダーラインのドレス。ハートネックとボートネックの組み合わせが可憐な花嫁姿を演出

(画像提供:Angepatio(アンジェパティオ) ~一軒家邸宅ウェディング~



▼上質な素材感が引き立つシンプルなデザインのスレンダーライン。シックで大人な雰囲気からシンプルな装いまでアレンジ可能

(画像提供:CÉ LA VI TOKYO(セラヴィトーキョー)


ウエディングドレスの人気デザインランキング! ライン・ネック・テイスト別に発表


■3位「ミニ丈」
大人の遊び心や軽やかさが表現できるデザイン

かしこまり過ぎないレストランウエディングだからこそチャレンジしてみたいのが、「ミニ丈」を代表とするデザインや素材に遊び心を取り入れたドレス。ほかにも「セパレートタイプ」、「チュール」を使ったドレスなども、軽やかさの中に“技アリ”なオシャレをさりげなくアピールすることができるから、人とは違ったスタイルを希望する花嫁さんは必見です。


▼動きやすさとカジュアルな雰囲気の両方が演出できるミニ丈のドレスは、大人可愛く着こなしてみたい1着

(画像提供:サンス・エ・サヴール (ひらまつウエディング)



▼セパレートタイプのドレスは、親しいゲストを招いたカジュアルスタイルのウエディングや2着目ドレスにオススメ

(画像提供:Fish Bank TOKYO(フィッシュバンクトーキョー)



▼スレンダーラインでシンプルながらも惹きこまれるようなデザインで上品さを演出

(画像提供:XEX 日本橋(ゼックス 日本橋)



さらにオシャレに見せるためのポイントアドバイス

ゲストとの距離が近く、おしゃべりや記念撮影が楽しめるレストランウエディングなら、ドレスもディテールまでしっかりこだわりたいもの。細部までこだわったビジューやレース使い、美しい素材感やバックスタイルにこだわったデザインはゲストも思わずうっとり見とれること間違いナシ。先輩花嫁たちへのアンケート回答にも「ゲストとの距離が近いので刺繍にこだわった」「近くから見てもキレイなデザインにした」など、会場の広さを考慮し、より美しく見えるウエディングドレスを選んだという回答が目立ちました。


▼全身にあしらわれた繊細なレース使いが魅力のドレス。シンプルでありながら存在感のあるデザイン

(画像提供:JAM ORCHESTRA(ジャムオーケストラ)



▼五分丈の袖やボリュームを抑えたラインがクラシカルな雰囲気を醸すドレス。愛らしい花を模したビジューがナチュラルな印象に

(画像提供:旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン(元:旧軽井沢ホテル)



▼立体的に流れる大きなフリルが印象的。バックスタイルの美しさにとことんこだわったAntonio Riva(アントニオ・リーヴァ)のウエディングドレス


ウエディングドレスの海外ブランド人気ランキングTOP5&注目のNext itブランド

▼シースルーの布地に細かな刺繍をほどこした、pronovias(プロノビアス)の一着。ドキッとするほど美しい究極のバックシャンドレス

Pronoviasさん(@pronovias)がシェアした投稿 -



▼オリジナリティ&スタイリッシュなパンツスタイルのウエディングドレスなら、モード感と動きやすさの両方をかなえてくれるハズ(ウエディングスタイル辞典より)

ウエディングドレス×パンツスタイルのコーデをもっと見る

レストランウエディングをかなえたオシャレ花嫁たちの実例をご紹介

ここではマイナビウエディングプレミアムクラブの人気企画「オシャレ花嫁SNAP」から、レストランウエディングをかなえた花嫁の実例をご紹介。会場の雰囲気とマッチしたウエディングドレスばかりなので、ドレス選びの参考に♪


▼ふんわりした雰囲気のプリンセスラインでありながら、重くなりすぎない絶妙なジャスト丈がレストランウエディングにぴったり!

このオシャレ花嫁の結婚式実例を見る



▼フェミニンなミニ丈ドレスに合わせた、甘くなりすぎない小物や足元のスタイリングが絶妙なこなれ感を演出

このオシャレ花嫁の結婚式実例を見る



▼美しいレースが印象的なスレンダーラインのドレスを、ヴィンテージ感あふれるコーディネートでアレンジ

このオシャレ花嫁の結婚式実例を見る



▼スレンダーラインのドレスをスッキリ&シンプルなコーディネートでまとめることで、美しい華やかさを演出

このオシャレ花嫁の結婚式実例を見る



▼大人っぽさの中にも初々しい愛らしさが光る、軽やかなエアリータイプのマーメイドライン

このオシャレ花嫁の結婚式実例を見る



緑を眺めながらナチュラルウエディングがかなうレストラン特集

レストランウエディングにもオススメ!
お色直しやイメージチェンジのアイデアをおさらい

結婚式・披露宴でお色直しはせずに、ウエディングドレス1着で通す花嫁も増えています。ここでは「オシャレ花嫁SNAP」の実例から、サッシュベルトやボレロ、ヘッドアクセなどの小物を使ったイメージチェンジのアイデアをピックアップしてご紹介します。

▼『VERA WANG(ヴェラ・ウォン)』の「Octavia(オクタビア)」に、自身で用意したという黒のサッシュベルトで大人可愛くイメージチェンジをした花嫁

このオシャレ花嫁の結婚式実例を見る



▼ハワイウエディングをかなえた花嫁は、ビーチでのロケーションフォトと挙式での雰囲気を変えるために、2wayのウエディングドレスをチョイス。さまざまなアレンジが可能なウエディングドレスとボレロをフルオーダーしたそう

このオシャレ花嫁の結婚式実例を見る



▼挙式後の披露宴で、ヴェールをヘッドアクセに替え、アンティーク調のウエディングドレスにレースのボレロを重ねてイメージチェンジを成功させた花嫁

このオシャレ花嫁の結婚式実例を見る



「スタイリッシュ」ウエディングがかなうレストラン特集

まとめ

いかがでしたか? レストランウエディングでのドレス選びは、会場の広さや雰囲気との兼ね合いが大切ですが、レストランだからこそ楽しめるスタイルやアレンジのバリエーションも豊富ですよね。ぜひ自分に似合っていて、会場の雰囲気ともぴったりなウエディングドレスを見つけてくださいね!

※注 アンケート概要
調査期間:2018年2月9日~2月14日
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:25~35歳 全国 既婚男女400名

レストランウエディングを探す

< 伝統と格式を感じる和婚特集 ~大人花嫁が注目する理由とは?~  |  一覧へ戻る  |  軽井沢でかなえる夏のグリーンリゾートウエディング >