結婚式場探しならマイナビウエディング

> プレミアムクラブ

> プレミアムクラブ特集

 > ウエディングドレスの海外ブランド19選&人気ランキング! おしゃれ花嫁の実例もご紹介



マイナビウエディングサロン:時間がないふたりならプロに任せるのが一番

時間がないふたりならプロに任せるのが一番

大人の上質ウエディングを知りつくしたプロが、ふたりにぴったりな結婚式場を提案します

ウエディングドレスの海外ブランド19選&人気ランキング! おしゃれ花嫁の実例もご紹介

オシャレな大人花嫁から特に人気を集めている海外ブランドのウエディングドレス。トレンドを取り入れたデザインに加え、細部まで手の込んだ高級なインポートのドレスは、“オシャレ花嫁”になれちゃうポイントがいっぱい♪
そこでマイナビウエディング編集部では、25~45歳の女性に向けて「着てみたい海外ブランドのウエディングドレス」についてアンケートを実施。海外からのインポートブランドを取り扱う人気のドレスショップと、ウエディング雑誌『MISSウエディング』の協力のもと、海外ブランドのウエディングドレスをランキングでご紹介! その他、“次にくる”注目すべきNext itブランドも一挙公開。写真を見るだけで“うっとり”してしまう、インポートの高級なウエディングドレスばかりです♪






海外のウエディングドレスブランドランキング

【1位】Vera Wang(ヴェラ・ウォン)

マイナビウエディング編集部が行ったアンケート「着てみたい海外のウエディングドレスブランドランキング」で1位を獲得したのは、海外のウエディングドレスブランド『Vera Wang(ヴェラ・ウォン)』。オシャレ花嫁の間でも『Vera Wang(ヴェラ・ウォン)』はもっとも人気があるインポートのウエディングドレスで、多くの花嫁が着用しています。 

ヴェラ・ウォン

日本にインポート旋風を巻き起こしたN.Y.ブランド。アイコニックなデザインは職人技で魅せる、渦巻くように立ち上がるオーガンジーのドレスです。(ヴェラ・ウォン ブライド銀座本店)
(MISSウエディング 2016年秋冬号 P72掲載)

海外ブランドのウエディングドレスがいっぱい! テイクアンドギヴ・ニーズ(T&G)の結婚式場を見る


▼オシャレ花嫁が着用したVera Wang(ヴェラ・ウォン)のウエディングドレスをチェック!
大人気の「Ballerina(バレリーナ)」はふんわり広がったチュールで可愛らしく
ヴェラウォン1

花嫁の由紀子さんは、ウエディングドレス選びで自分にどんなドレスが似合うのかまったくイメージが掴めなかったこともあり、様ざまなタイプのドレスを40着ほど試着。その中で、ずっと心に残っていたのが「Vera Wang(ヴェラ・ウォン)」12709ケイドハドソン型の「Ballerina(バレリーナ)」だったそう。最終的に結婚式の2か月前にオーダーし、ショートグローブ、3mのロングベールともに「Vera Wang(ヴェラ・ウォン)」でコーディネート。

この花嫁の記事はコチラ
涼やかな「Relax&Smile」をテーマにしたウエディング


アシンメトリーなデザインが印象的な「octavia(オクタヴィア)」
ヴェラウォン2

こちらの花嫁は「Vera Wang(ヴェラ・ウォン)」の「octavia(オクタヴィア)」をチョイス。挙式ではまとめ髪でシンプルかつエレガントに着こなし、お色直しではヘアをダウンスタイルに&サッシュベルトで上手にイメージチェンジ。“ナチュラルで飾りすぎない”いつもの新婦らしさを表現できて満足だったそう。

ヴェラウォン3


この花嫁の記事はコチラ
グリーンをテーマにしたリゾート感漂うカジュアルウエディング


センスが光る「Fernanda(フェルナンダ)」と「Odelle(オデール)」の着こなし
ヴェラウォン4

たくさん試着したドレスの中から新婦TOMOさんが選んだのは、「Vera Wang(ヴェラ・ウォン)」の「Fernanda(フェルナンダ)」。「グランドハイアット東京のチャペルには、絶対袖付きのドレスが似合う!」と 「Fernanda」に合うブラウスを「Salon De Rendezvous(サロン ド ランデブー)」でオーダー。長袖&ハイネックの希望以外はプロの意見を聞きながら、繊細なコード刺繍をチョイスし、袖と背中にくるみボタンをあしらったデザインに決定。アクセサリーはTOMOさんのお母様から借りたパールのイアリングに、お姉様が自身の結婚式で身につけたというベールでコーディネート。

ヴェラウォン5

披露宴のスタートは挙式で身につけていたブラウスを外し、ビジューが煌くブラックのサッシュベルトでパーティ感あふれるコーディネートにチェンジ(写真右)。2着目(写真左)の白ドレスは「Vera Wang(ヴェラ・ウォン)」の「Odelle(オデール)」。 「Fernanda」と印象をガラリと変え、ポンパドール×ダウンスタイルでリラックスした雰囲気に。

この花嫁の記事はコチラ
正統派でありながら、花嫁のセンスが光る大人数ウエディング


ストレス解消&ボディメイクもかなう! 結婚式前の"ブライダルヨガ"とは?



【2位】Oscar de la Renta(オスカー・デ・ラ・レンタ)

「着てみたい海外のウエディングドレスブランドランキング」の2位は、『OSCAR DE LA RENTA(オスカー・デ・ラ・レンタ)』。クラシカルな素材感やシルエット、女性の身体のラインを美しく見せてくれるカッティングなど、インポートのウエディングドレスとして“王道ブランド”といえるでしょう。



▼オシャレ花嫁が着用したOscar de la Renta(オスカー・デ・ラ・レンタ)のウエディングドレスをチェック!
シンプルなのに華やかな「OSCAR DE LA RENTA(オスカー・デ・ラ・レンタ)」
オスカーデラレンタ1

式場の雰囲気に合うように、スッキリ&シンプルなコーディネートを目指したという花嫁の実例。ウエディングドレスのブランドは『OSCAR DE LA RENTA(オスカー デ ラ レンタ)』で、アクセサリーは最低限にしつつ、ヴェールで大人の華やかさを演出した。

この花嫁の記事はコチラ
レトロモダンな洋館で和と洋を織り交ぜた秀逸コーディネート


大人花嫁の魅力を発揮する運命的なお色直しドレス
オスカーデラレンタ2

お色直しのドレスに選んだのは、「OSCAR DE LA RENTA(オスカー・デ・ラ・レンタ)」のシルク素材を使ったホワイトドレス。シルクはずっと似合わない素材だと思って避けていたそうだが、ドレス選びで迷いに迷う中、たまたま試着し「こんなにフィットするドレスはほかにはない」と即決。シンプルなドレスだからこそ着飾りすぎないことに気をつけたそうです。

この花嫁の記事はコチラ
涼やかな「Relax&Smile」をテーマにしたウエディング



ウエディングドレスが映える♪ ラグジュアリーで大規模・100名以上OKの披露宴会場をチェック

どんなウエディングドレスにも合わせやすい! ドレス試着日にオススメのヘアアレンジ動画を見る


【3位】MARCHESA(マルケーザ/マルケッサ)

プリントデザイナーとしてメゾンブランドで働いていた経験を持つカレンと、映画や演劇のコスチュームを手掛けてきたジョルジーナが2004年にスタートしたブランド、『MARCHESA(マルケーザ/マルケッサ)』。アジア、特にインドからインスパイアされた刺繍などを取り入れたデザインと立体的なドレーピングに定評があり、エレガントかつファッション性の高いドレスづくりで、セレブリティからも高い信頼を得ているインポートブランドです。
※MIRROR MIRROR 表参道にて取り扱い

マルケーザ★『MARCHESA(マルケーザ/マルケッサ)』を取り扱うドレスショップ『MIRROR MIRROR(ミラー ミラー)』PR佐伯さんのコメント★
「『MARCHESA(マルケーザ/マルケッサ)』は、20代後半から30代にかけて“良いもの”を知っている花嫁様や、ファッション感度が高く、人と違うもの、エッジの効いたものを好まれる花嫁様に人気のドレスブランドです。ラグジュアリーホテルでの結婚式にもオススメです」

家族・親族のみの結婚式・お披露目パーティならスモールラグジュアリーがかなう少人数披露宴会場をチェックして



【同3位】Delphine Manivet(デルフィーヌ・マニヴェ)

Delphine Manivet(デルフィーヌ・マニヴェ)


パリジェンヌ憧れのメゾン。ヴィンテージムードなドレスが、大人花嫁の魅力を引き出して。(ス・ジュール・ラ)
(MISSウエディング 2016年秋冬号 P72掲載)


【同3位】PRONOVIAS(プロノビアス)

PRONOVIAS(プロノビアス)


1964年にスペインで誕生した『PRONOVIAS(プロノビアス)』。ブライダルとプレタポルテの概念を組み合わせた新たなコレクションの評判は瞬く間にヨーロッパ全土に広がり、今では世界75カ国以上で愛されるまでに。「世界で最も美しいドレス」をモットーに紡ぎだされるインポートの高級なウエディングドレスは、ボディにしなやかにフィットするラインやスタイリッシュなデザインが特徴。トレンドを生み出す革新的なドレスは世界中の花嫁の憧れの的となっています。

▼せっかくのインポートドレスのラインを崩さないためにも! ボディのメンテをして美しく着こなそう


カラードレスの人気カラーやトレンド、選び方とは?


その他オシャレな人気ブランドがずらり!

GIVENCHY(ジバンシィ)

ジバンシィは1952年にフランス人デザイナーのユベール・ド・ジバンシィが設立したフランスのビッグメゾン。2018年5月に、英国・ウィンザー城で行われたロイヤルウエディングでは、メーガン夫人(サセックス公爵夫人)がジバンシィのウエディングドレスを選んだことでも話題となりました。長袖でボートネック、控えめなAラインのウエディングドレスは現在、ジバンシィのクリエイティブ・ディレクターを務めるイギリス人デザイナー、クレア・ワイト・ケラーによるもの。



再婚にもオススメ! 大人花嫁に似合うウエディングドレスとは?


ANTONIO RIVA(アントニオ・リーヴァ)


イタリアの最高級ドレスブランドと言っても過言ではない『ANTONIO RIVA(アントニオ・リーヴァ)』。元建築家のデザイナーによるウエディングドレスは、モダンで立体的なシルエットが特徴。ミカドシルクやシルクオーガンジーなどの上質な素材を贅沢に使い、うっとりするようなカーブや優美なドレープを生み出しています。他にないデザインをお探しの方に特にオススメのインポートブランドです。
MIRROR MIRROR 全店にて取り扱い

アントニオ・リーヴァ
★『ANTONIO RIVA(アントニオ・リーヴァ)』を取り扱うドレスショップ『MIRROR MIRROR(ミラー ミラー)』PR佐伯さんのコメント★
「ファッション感度が高く、かつ厳かな結婚式にふさわしいデザインの『ANTONIO RIVA(アントニオ・リーヴァ)』のドレスは、伝統や格式を重んじる花嫁様に人気です」

▼オシャレ花嫁が着用したANTONIO RIVA(アントニオ・リーヴァ)のウエディングドレスをチェック!
ここでしか着られない「ANTONIO RIVA(アントニオ・リーヴァ)」のウエディングドレスにひと目惚れ
ANTONIO RIVA(アントニオ・リーヴァ)1

花嫁がひと目惚れしたのは、ミラノ最注目のイタリア人デザイナー『ANTONIO RIVA(アントニオ・リーヴァ)』が手掛けるウエディングドレス。こちらはブルガリのために特別にデザインされ、「ブルガリ 東京レストラン」でしか着ることができない限定ものだったため、迷わず決めたそう。シルクの王様と言われている最高級の生地、ミカドシルクを使用したウエディングドレスは、高級感漂う「ブルガリ 東京レストラン」の式場にも負けず劣らずの重厚感で、花嫁をさらに輝かせるアイテムに。オプションでチュールのトレーンをつけて、さらに華やかさをプラス。

この花嫁の記事はコチラ
ブルガリの世界観と花嫁のセンスが光る都会派ウエディング


前後で印象の異なるデザインはゲストにも大好評
アントニオリーヴァ2

「ANTONIO RIVA(アントニオ・リーヴァ)」の大人可愛いウエディングドレスを選んだ花嫁も。前から見ると腰部分に飾りが施され、後ろには教会の雰囲気にも合うチュールがあしらわれています。

この花嫁の記事はコチラ
きらめく星のモチーフで大人可愛いナイトウエディング



DAVID FIELDEN(デヴィッド・フィールデン)


1980年代、ロンドンにショップをオープンして以来、30年以上に渡って世界的な評価を得ている『DAVID FIELDEN(デヴィッド・フィールデン)』。舞台衣装のデザイナーとして活躍し数々の国際的な賞に輝いた経歴を持ち、女性を美しく見せるセクシーなシルエットとオリジナリティあふれるデザインが特徴のインポートブランドです。
MIRROR MIRROR 全店にて取り扱い

デヴィッドフィールデン

★『DAVID FIELDEN(デヴィッド・フィールデン)』を取り扱うドレスショップ『MIRROR MIRROR(ミラー ミラー)』PR佐伯さんのコメント★
「『DAVID FIELDEN(デヴィッド・フィールデン)』は、ガーデンパーティやゲストハウスウエディングなど、アットホームな結婚式にぴったりのナチュラル&オシャレキュートなデザインで、インポートブランドの中では若い方も背伸びせず楽しめるブランドです。可愛いだけでなくフェミニンさも取り入れたい花嫁様にぜひ着ていただきたいです」

▼オシャレ花嫁が着用したDAVID FIELDEN(デヴィッド・フィールデン)のウエディングドレスをチェック!
60着もの試着をかさね、たどり着いた運命のウエディングドレス
DAVID FIELDEN(デヴィッド・フィールデン)

ドレスサロンの「MAGNOLIA WHITE(マグノリアホワイト)」でAラインのドレスを試着した際、「花嫁らしいのがすごくいい!似合っている」と新郎&新郎お母様のアドバイスをもらい、「David Fielden(デヴィッドフィールデン)」のドレスに決定した。シンプルで大人っぽく、チャペルのバージンロドにもぴったりのボリューム。そして、小物やブーケで雰囲気を変えられるところが気に入ったのだとか。

この花嫁の記事はコチラ
洗練された気品あふれるアーバンスタイリッシュウエディング




KITTYCHEN COUTURE(キティチェン・クチュール) 


アメリカのウエディングドレスブランド「KITTYCHEN COUTURE(キティチェン・クチュール)」。ボディラインを強調し、スタイル良く見せてくれるデザインが特徴です。 

▼オシャレ花嫁が着用したKITTYCHEN COUTURE(キティチェン・クチュール) のウエディングドレスをチェック!
イメージ通りのウエディングドレスと運命の出会い
キティチェンクチュール

こちらの花嫁は、繊細なレース使いや、V字の背中のカッティングが特徴の「KITTYCHEN COUTURE(キティチェン・クチュール)」のウエディングドレスをチョイス。背中からヒップまでは女性らしいラインを強調し、膝上からチュールがふわっと広がるマーメイドラインはエレガントな雰囲気を演出してくれます。

この花嫁の記事はコチラ
ゴージャスだけど温かい、家族愛にあふれたクリスマスウエディング



▼マーメイドラインを着るなら!デコルテや二の腕もブライダルエステでケアしてみて♪



AMSALE(アムサーラ)


アメリカ・ニューヨーク発のウエディングドレスブランド『AMSALE(アムサーラ)』。シンプルかつモダンなシルエット、女性の身体を美しく見せるために細部まで計算し尽されたデザインがオシャレ花嫁から人気を集めています。

Amsaleさん(@amsale)がシェアした投稿 -



▼オシャレ花嫁が着用したAMSALE(アムサーラ)のウエディングドレスをチェック!
ナチュラルな挙式会場に映える、あえて”主役感”を控えたシンプルでノーブルなドレス
アムサーラ

ドレスショップに勤める花嫁が選んだのは、マーメイドラインのシンプルなシルエットが美しい「AMSALE(アムサーラ)」のウエディングドレス。背中部分の施された繊細なレースと、ウエディングシューズがチラリと見えるフィッシュテールスカートがポイント。

アムサーラ


この花嫁の記事はコチラ
ニューヨークをテーマにトータルコーディネート! 緑あふれる貸切邸宅ウエディング



Jenny Packham(ジェニー・パッカム)


イギリスのドレスブランド「Jenny Packham(ジェニー・パッカム)」は、やわらかな生地に繊細なビジューや刺繍が施され、身体に沿うようなデザインが魅力です。

▼オシャレ花嫁が着用したJenny Packham(ジェニー・パッカム)のウエディングドレスをチェック!
ナイトウエディングにぴったりのビジューが輝くウエディングドレス
Jenny Packham(ジェニー・パッカム)1

たくさんのドレスに袖を通し、その中でも初めて見たときに心が弾んだという「Jenny Packham(ジェニー・パッカム)」の「Bardot」。決め手になったのは、ナイトウエディングに映える全身に施されたビジュー。前から見た花嫁姿はナチュラルな雰囲気でありながら、背中が大胆に開いたデザイン。

この花嫁の記事はコチラ
星が煌く七夕をイメージした、サマーナイトウエディング


白ドレスは花嫁オーラをまとった美しい刺繍ビジューのドレス
Jenny Packham(ジェニー・パッカム)2

2着目ドレスは23着試着して選りすぐった英国ブランド「Jenny Packham(ジェニー・パッカム)」の「Hermia(ハーミア)」をオーダー。全身に施された煌くビジューとストーンが印象的なこのドレスは、体に沿うようにフィットする着心地の良さと、花嫁に特別な存在感を与えるオーラを感じたという。左手首にはハワイの挙式でもコーディネートしたという、ウエディングドレスと同じ「Jenny Packham(ジェニー・パッカム)」のブレスをコーディネート。キャンドルが煌くナイトウエディングにぴったりの装いに。

この花嫁の記事はコチラ
ナイトタイムを艶やかに彩るスタイリッシュなお披露目パーティ



おしゃれなウエディングドレスの記事も満載! すべてのオシャレ花嫁SNAPの記事を見る




花嫁ご指名のデザイナーズドレス&ドレスサロンに聞いたNext itブランド


Next itブランド一覧 presented by MISSウエディング

ファッションブランドと同じように、今やウエディングドレスもデザイナーで選ぶ時代に。
定番人気のインポートから要注目のニューカマー、そして、じわじわと人気上昇中のジャパンブランドまで、おしゃれ花嫁ご指名のデザイナーズドレスをチェック!
(MISSウエディング 2016年秋冬号 P72掲載)

Reem Acra(リーム・アクラ)
パリとN.Y.、両方のエスプリを効かせたブランド。イリュージョンレースがトレンド感たっぷり。(ザ・トリート・ドレッシング)

リーム・アクラ

ROSA CLARA(ローザ・クララ)
スペインのデザイナーによるドレスは、エレガントに女性を包むデザインが魅力!(オーセンティック銀座)

ローザ・クララ

Ines Di Santo(イネス・ディ・サント)
カナダのトロントで展開するブランド。シルエット美に定評があり、日本でも知名度がUP!(ギャレリアコレクション)

イネス・ディ・サント

Yolan Cris(ヨーラン・クリス)
スペイン人の姉妹によるブランド。インポートらしいデザイン性にあふれたドレスは、日本でも人気の兆し。(ミラー ミラー)

ヨーラン・クリス

NAEEM KHAN(ナイーム・カーン)
インド人デザイナーによるドレス。オリジナルの刺繡で描く芸術的なデザインがセレブにも人気です。(ス・ジュール・ラ)

ナイーム・カーン

Marco & Maria
こちらもスペインの展示会で注目を浴びたブランド。ヴィンテージとロマンティックのMIXが見事!(マリア ラブレース)

marco&maria

inmaculada GARCIA
スペイン発のブランド。スペインらしいファッションとウエディングを融合させたデザインが秀逸。(マリア ラブレース)

inmaculadaGARCIA

SARAH SEVEN
サンフランシスコをベースに活動する女性デザイナーのドレス。上質素材をモダンに仕上げるのが得意。(MAGNOLIA WHITE)

sarah seven




おしゃれなウエディングドレスの記事も満載! すべてのオシャレ花嫁SNAPの記事を見る


\ テーマ別に先輩カップル事例をチェック /
大人可愛い
カジュアル&アットホーム
ハイセンス&スタイリッシュ



MISSウエディング本誌をチェック!

毎年2回発行しているウエディング情報誌「MISSウエディング」
詳細&購入はコチラから!

<取材協力店>
MIRROR MIRROR(ミラー ミラー) TEL:03-6427-1811 URL:www.mirrormirror.jp
MIRROR MIRROR YOKOHAMA(ミラー ミラー 横浜) TEL:045-226-5901 URL:www.mirrormirror.jp