事前の準備で印象アップ! 結婚挨拶の手土産とマナー

ふたりの結婚が決まったら、次は相手のご両親にごあいさつ。持っていく手土産選びにも悩みますよね。好印象な手土産選びには、事前のリサーチとしきたりを押さえておくことが大切! そこで今回は、結婚挨拶に持っていく手土産選びのポイントを詳しくご紹介します。

手土産の平均予算は? 2000円~5000円程度がちょうどいい

結婚の挨拶に持っていく手土産の相場は2000円~5000円程度とするのが良いでしょう。安すぎるものだと失礼に当たりますが、高すぎるものも気を遣わせてしまいます。手土産を渡す目的は「時間を作ってもらったことへの感謝」です。相場を参考にしながら、誠意の伝わるちょうどいいお土産を選びましょう。

喜ばれる手土産選びのポイント

手土産選びで重要なのは相手のご両親に喜んでもらうことです。ここでは、好印象な手土産選びのポイントを、ご紹介します。

相手のご両親の好みを入念にリサーチ
甘党、辛党、お酒好きなど、相手のご両親の好みは入念に聞き出しておきましょう! ご両親の好きなものを贈れば「自分たちのことを知ろうとしてくれたのかな? 」と喜んでもらえるはずです。「お酒は好きだけど洋酒は苦手だった! 」などうっかり苦手なものを贈って気まずくならないよう、できるだけ詳しくリサーチしておくことが重要です。

できるだけ日持ちするものがベスト
お菓子やお酒などは3日以上日持ちする、賞味期限の長いものを選ぶのがオススメです。ケーキなどの生菓子は当日中に食べきらなくてはなりません。できる長く楽しめるものを贈るように気を配りましょう。

家族の数にあわせた手土産を用意して
当日お会いする方や同居家族の人数も、必ず確認しておきましょう。個包装のお菓子であれば、ご家族全員でわけられるように人数以上入っているものを選ぶことが重要です。基本的に手土産はひと家族1つでよいですが、もし親戚も集まるようであれば、複数用意しておくと気配りができていいですね。

縁起のよいお菓子を選ぼう
昔からお祝い事などに添えられることも多いお菓子の中には、結婚などの場面にふさわしく、縁起がいいとされるものがあります。大事な場面では縁起を気にする方もいるので、お菓子選びの参考にしてみてはいかがですか?こちらでは結婚などの場でよいとされるお菓子をいくつかご紹介します。

必ずご両親のお家から離れた場所で用意を
包み紙やシールから、近場で購入したと知られるのはあまりよくありません。ぎりぎりに準備したと不誠実な印象を与えないためにも、訪問先の近くで購入することは避けましょう。

結婚などの場でよいとされるお菓子

①どらやき・最中
2枚の皮が合わさった姿が仲のよい夫婦の象徴とされています。

②バームクーヘン
年輪を意味するバームクーヘンは「長寿」や「長い年月」を連想させます。

③カステラ
末永いお付き合いという意味がこめられており、縁起がいいとされています。

一方、羊羹やパウンドケーキなど、切り分けるものは「縁を切る」、おせんべいなどは「割れる」などのイメージを持たれるため縁起を気にする場合は避けたほうがよいですね。

結婚のあいさつにオススメな手土産3選!

選び方のポイントをふまえて、贈るのにピッタリな手土産をご紹介します!

種類も多くて安心! 洋菓子
個包装されていて賞味期限も長い、クッキーやパイなどの焼き菓子が特にオススメ。
焼き菓子は種類も豊富なため相手の好みに合わせたものを選びやすいのもポイントです。夏場ならゼリーなどさっぱりしたものもいいですね。

あっさりした味は年配の方にも人気 和菓子
あっさりした甘さの和菓子も親御さん世代には人気です。クリーム系のお菓子より油分や脂質がすくないため、年配の方にも喜ばれます。和菓子は昔からお祝い事に添えられることも多いので、結婚の挨拶にはピッタリです。

話題作りにも最適 出身地の名産品
自分と相手の出身地が離れている場合は、地元の名産品もオススメです。地元の話題は初対面でも広がりやすい話題です。初めて相手のご両親に会う方は特に、自分のことを知ってもらうよいきっかけになるでしょう。

手土産の包み方と渡し方のマナー

手土産で渡すものが決まったら、次は渡すときのマナーが気になりますよね。ここでは、手土産の包装や渡し方のマナーをご紹介します。

包装に熨斗は不要
結婚のあいさつの手土産に熨斗は必要ありません。手土産は時間を作ってもらったお礼を表すものなのでお中元とは異なります。ただし、箱のまま渡すと見栄えが悪いので包装紙などに包んで整えてもらいましょう。

風呂敷に包む? 紙袋でもOK!
最近では風呂敷を使う人も減っているので、購入したお店の紙袋などで渡しても全く問題ありません。ただ、日本では昔からフォーマルな贈り物を風呂敷に包むのが習わしでした。風呂敷に包んでいけばていねいな印象にはなりますよ!

お土産を渡すのは、席に座って落ち着いたタイミング
お土産を渡すタイミングは、玄関ではなく席に通されて一息ついてから。きちんと座って、渡すのがマナーです。紙袋に入っている場合は、紙袋から取り出し、品物の正面を相手の正面に合わせて渡しましょう。「●●さんからお好きと伺ったので」などの言葉を添えると気遣いができて、好印象ですよ!


丁寧なふるまいが大切! 結婚のあいさつのポイント

最後に結婚の挨拶全体のマナーを紹介します。

男性はスーツ、女性はワンピースなど清潔感のある服装で
結婚の挨拶に行く服装に決まりはありませんが、大事な場にふさわしい服装を心がけましょう。男性はスーツ、女性はワンピースやセットアップなど清潔感のある服装がオススメです。

早すぎも遅刻もNG! 約束の時間に到着するのがベスト
結婚のあいさつで遅刻は厳禁です。ただし、訪問する御宅にも迎える準備があるので、早く着きすぎることも避けましょう。時間ピッタリか2~3分遅れて到着するのがベストです。

座る位置は下座
座る位置にも注意が必要です。部屋の下座に座るように気を付けましょう。
洋室か和室かによって異なりますが、入り口から近くて入り口を背にする席が下座です。
ただし、相手に席を指定されているときはその席に座れば問題ありません。

終わった後はお礼状を出すと丁寧な印象に
無事に挨拶が終わった後は、お礼状を書くとていねいです。せっかく時間をとってもらったことへきちんと感謝の気持ちを伝えましょう。封書なら2~3日後までに出すのがマナーです。

まとめ

結婚の挨拶は人生の中でも特に重要な場面の1つです。結婚の承諾を得ることはもちろん、ここでの印象が今後の関係につながります。喜んでもらえる手土産とマナーをおさえて、和やかな時間にしてくださいね。

プロポーズTOPに戻る

< 「結婚指輪が私たちの関係をオープンにするきっかけをくれた。」LGBTQの女性カップルに聞いた、結婚やブライダルリングへの想い  |  一覧へ戻る  |  結婚前の同棲はするべき? メリット・デメリットをご紹介 >