結婚式場探しならマイナビウエディング > ブライダルフェア・試食会を探す > ブライダルフェアは予約なしで行っても大丈夫?

シェア

この記事を書いた人

編集者K

仕事とK-pop大好きの既婚編集者。結婚式は都内某ホテルで130名招待しました。そんな経験も踏まえて役立つ情報をお届けします!

人気記事ランキング

最新記事

ブライダルフェア

ブライダルフェアは予約なしで行っても大丈夫?

yoyakunashi.jpg

仕事の休みが彼(彼女)と異なり、スケジュールが合わせにくい、なかなか決まった日にちにふたりで結婚式場のブライダルフェアに参加できない……というカップルも少なくありません。そんな中、ふたりの予定が急に空いたためにブライダルフェアへの参加を思い立つというケースもあるでしょう。

しかし、ブライダルフェアは基本的に事前予約制となっている会場がほとんどですので、予約なしで行っても会場側へ迷惑がかかるうえ、当日では参加できなかった……という事もあります。

今回は、ブライダルフェアが予約制になっている理由や、予約なしで行った場合のデメリット&予約をするメリット、そして予約をキャンセルする場合のマナーについてご説明します。


マイナビウエディングサロンに相談して効率よくフェアに参加しよう♪

最低でも前日までにはブライダルフェアの予約を済ませよう

ブライダルフェアはほとんどが事前予約制です。特に、試食会や模擬挙式のように結婚式場側で前もって用意が必要な場合はブライダルフェアの参加可能組数に制限があるため、予約は必須です。できれば1週間前、最低でも前日までには連絡を済ませておきましょう。

今すぐ予約ができるブライダルフェアを探す

予約ありのメリット・予約なしのデメリット

(予約ありのメリット):じっくりとウエディングプランの相談ができる
ブライダルフェアでは、試食会やドレスの試着、模擬挙式とは別にウエディングプランナーの方と思い描いている挙式に関して詳しく相談する機会が設けられます。事前に予約をすると、当日のブライダルフェアにて個別に時間を作ってもらう事ができ、演出や見積もり、空き状況など具体的に相談できるのです。

またその他には、前もって彼(彼女)と予定を合わせて予約をすることで、無料試食会や割引特典付きなどオトクなブライダルフェアに参加できるというメリットもあります。

(予約なしのデメリット):プランナーへの相談時間を十分確保してもらえない
一方で、予約なしの場合は相談時間を十分に確保してもらえなかったり、対応できるプランナーがいないために順番待ちをすることも考えられます。結果、後日改めて会場に足を運んで相談するというカップルもいるようです。

一度でしっかり検討できるブライダルフェアにするためにも、事前に予約をし、相談や体験の時間をしっかりと用意してもらえるようにしましょう。

試食会・ドレス試着など体験できるブライダルフェアを探す

ブライダルフェアの予約をキャンセルする場合

参加者側の事情で、ブライダルフェアに参加できなくなってしまうこともあるでしょう。たとえば仕事の都合や不測の事態でスケジュールが埋まってしまうことも考えられます。その場合、ブライダルフェアをキャンセルしなければならない事が分かった時点で会場へ連絡を入れましょう。

また、当日に体調不良でどうしても参加出来ない場合も、会場に必ず連絡を入れましょう。定員制のブライダルフェアに空きができると、参加できなかったはずのカップルが参加できるケースもあります。会場や他のカップルのことを考えると、一報入れておくとよいでしょう。

なお、キャンセルをしても後日改めてその会場のブライダルフェアに参加を希望している場合は、キャンセルの連絡時にその意思を伝えておくと好印象です。どの会場も資料だけでは分からない魅力があるため、日を改めてブライダルフェアに参加し、自分の目で会場の雰囲気や挙式内容を確認するようにしましょう。


他カップルのキャンセルがあれば、前日・当日でも参加可能なことも

一方で、ほかのカップルがブライダルフェアをキャンセルした場合、前もって参加の予約をしなかったブライダルフェアでも、当日の連絡で参加できるという稀なケースもあります。運よく試食会やウエディングドレスの試着体験に参加できるかもしれません。ただ、この場合も行く直前に会場へ一報を入れて当日参加が可能なブライダルフェアがあるか聞いておくと確実です。当日の問い合わせの場合は、電話予約が確実でオススメです。マイナビウエディングなら、掲載中の結婚式場にすぐに電話予約が可能なのでぜひ使ってみてください。

予約時から会場スタッフへの配慮も大切に

結婚式場で働いている方も人ですから、快くコミュニケーションがとれる新郎新婦の結婚式にはより協力したくなるものです。特に、ブライダルフェアや見学会では、会場スタッフも事前に準備を行い、当日は参加者が来るのを開始時間ギリギリまで待っています。予約なしでの参加や直前のキャンセルは、どうにも仕方がないという時以外は避けるようにしましょう。

また、見学前はあまり興味がなかった会場でも、実際に足を運んで館内を見たりスタッフの方に触れて本命に急浮上することもありますので、都合のつく限りぜひ積極的にブライダルフェアに参加してみてください。幸せな結婚式を式場のスタッフと一緒に作り上げるためにも、ブライダルフェアに関する予約のマナーを守り、楽しみながら結婚式場探しをしましょう。

≫さっそくブライダルフェアを探そう!


この記事を読んだ人にオススメ

< 友達とブライダルフェアに参加してもいいの? 実はうれしい3つのメリット  |  一覧へ戻る  |  ブライダルフェアに消極的な彼氏。上手に誘う方法は? >