結婚式場探しならマイナビウエディング > 結婚式準備最強ノウハウ > 結婚式準備ガイド > 結婚式のお金 費用徹底ガイド > 結婚式にかかる費用の基礎知識~相場・内訳・平均・費用負担・節約のアイデア~

結婚式にかかる費用の基礎知識~相場・内訳・平均・費用負担・節約のアイデア~

結婚式のお金って何にいくらかかるの?結婚式にかかる費用の基礎知識

彼からの念願のプロポーズ!「さあ、結婚式はどうしよう」と、これから準備をはじめるふたりにとって、一番気になるのが挙式費用、つまりお金のコトですよね。まずは結婚式では何にどのくらい費用がかかるのか知っておきましょう。ここでは、結婚式費用の平均的な相場や内訳、実際の費用負担や支払いのタイミング、親からの援助を含めて予算を立てるケース、費用を抑えるための節約の方法など、最初におさえておきたい基本の"キ"を解説します。


       
  • 総額・項目別の料金
  • 予算の立て方
  • 親援助の平均
  • 支払いタイミング

結婚式には何にいくらかかる? 費用相場の平均や内訳

結婚式をした先輩カップルへのアンケートによると、結婚式にかかった金額の総額は200万円~250万円が最も多く12.8%、次に300万円~250万円が12.2%、150万円~200万円が11.7%という結果に。 とはいえ、これはあくまで平均的な相場と思っておきましょう。費用総額は挙式・披露宴の内容によって大きく変動するので、項目や内訳をチェックして、何にいくらかかるのかを把握して、節約できるところは抑えましょう。

また、一般的な「結婚式」の費用相場は挙式と披露宴をセットにして考えていることがほとんど。挙式はチャペルや神社で結婚を誓うセレモニーであり、披露宴はゲストを招いて結婚報告を兼ねたお披露目パーティをさします。挙式と披露宴を別に考えると、それぞれかかる費用が異なるため、まずは平均的な相場を知ることも大切。そこから、挙式・披露宴がセットとなった一般的な結婚式のスタイルや、挙式のみ、披露宴(お披露目パーティ)のみなどの選択肢から自分たちに合ったスタイルをチョイスしましょう。ちなみに、挙式のみの平均的な金額相場は、挙式料・衣装込みで20万円~40万円前後が一般的です。

結婚式の中でも一番費用がかかるのが披露宴ですが、一般的に費用総額はゲスト人数に比例します。また、料理のグレードや、コース料理・立食ビュッフェなどの提供スタイル、フリードリンクの飲み物の種類、会場コーディネートや装花のグレード、引き出物、ペーパーアイテムなど、何を選ぶかで金額は異なります。 具体的に何にお金がかかるのか、具体的な内訳の一例を下の図でチェックしましょう。

具体的にどんなものにお金がかかるか、その一例を下の図で見てみましょう。

結婚式で費用のかかる項⽬例

  • 挙式(一例)

    • ・挙式会場料
    • ・牧師
    • ・聖歌隊、奏者
    • ・結婚証明書
    • ・フラワーシャワー
    • ※上記はチャペル式の場合
  • 披露宴(一例)

    • ・料理、飲み物
    • ・テーブル装花
    • ・引出物、引菓子
    • ・音響証明、スクリーン
    • ・司会 ・ウエディングケーキ
    • ・会場使用料 ・メニュー表
  • 衣装・写真など(一例)

    • ・新郎新婦衣装
    • ・着付け ・写真
    • ・控え室
    • ・招待状
    • ・ヘアメイクリハーサル
    • ・ビデオ撮影

「こんな項目にも費用がかかるの!?」と、内訳を見て初めて知る項目がたくさんありますよね。ただ、費用の内訳や見積もりには実は不要なものも多く含まれているケースがあるので、少しでも費用を抑えたい・節約したいというカップルはマイナビウエディングへ相談してみて。プロのコンシェルジュが、費用内訳を見て余計なものを省いてくれるなど役立つアドバイスをもらえます。また、マイナビウエディングサロン限定の安いプランも紹介してくれるので、ぜひ利用してみて。もちろん、マイナビウエディングサロンへの相談・利用は無料です。


また、マイナビウエディング利用者限定で、豪華特典がついているブライダルフェアに行くのもオススメ。マイナビウエディングからフェア予約&式場見学へ参加をすると、挙式料や料理のグレードアップが無料になり、節約につながるケースも♪

さらに今なら、結婚式場探しで全員80,000円分のギフト券がもらえる♪キャンペーンを実施中! 結婚式場を決定してギフト券をもらって、新生活に役立てて。

マイナビウエディングでは、掲載中の結婚式場について招待人数別の平均的な費用総額例と、全39項目についての細かな料金の内訳を一挙公開しています。次のパートでは金額内訳と詳細をチェックしていきましょう。

マイナビウエディングなら、"気になる会場

マイナビウエディングのオリジナル機能「費用シミュレーション」を使えば会場ごとの、リアルな金額・内訳が丸わかり! 招待人数別の総額や、結婚式にかかる項目別の料金が調べられます。内訳表の必要な項目を選べるので、かなり希望に近しい結婚式の見積もりのシミュレーションができたり、相場をチェックしたり、あらかじめ節約モードで考えることができます!

費用シミュレーションはココがスゴイ!人数別で総額を自動計算 全24項目の料金を公開!項目は自由に追加・削除OK!

会場ごとに見積もりを自分で作れちゃう!

  • "会場ごとの"招待人数別の総額がわかる!

    結婚式にかかる金額は招待人数によって大きく変動します。「費用シミュレーション」なら、希望の人数を選択するだけで会場ごとに料金の総額を自動計算! さらにご祝儀を引いた実質の負担金額や相場もわかります。

  • "会場ごとの"全39項目の料金がわかる!

    料理、飲み物、ケーキ、衣装......それぞれの内訳を明確にして、 全39項目の金額を会場ごとに一挙公開!
    ここまで詳しいのはマイナビウエディングだけ♪

  • "項目をON/OFFして見積もりをカスタマイズ!

    内訳表にある項目(衣装、写真、招待状など)は追加・削除が可能!チェックボックスをON/OFFするだけで、費用総額にすぐ反映されます。

予算にあった会場がきっと見つかる 「費用シミュレーション」の使い方をもっと詳しく!

費用負担の総額は? ゲストからのご祝儀と自己負担金額を整理して考えよう

結婚式にかけられるお金のイメージはできていますか? 予算を立てるときに実は見落としがちなポイントがあるので、ここではふたりの自己負担金額について解説します。

結婚式ではゲストからのご祝儀も支払いに充てるケースがほとんどなので、「結婚式費用の総額」=「ふたりの貯金額」というわけではありません。一般的にご祝儀の相場は一人当たり3万円とされているので、招待人数×ご祝儀の金額も念頭におくと「ゲストからのご祝儀総額」と「ふたりの自己負担額(ふたりの貯金や親からの援助)」の合計が費用総額の予算となります。

先輩カップルへのアンケートでも、結婚式費用の自己負担の金額は100万円以内がもっとも多いという結果になりました。

ゲストからのご祝儀 例)3万円×60名=180万円 貯金・援助金など自己負担 例)70万円

合計金額=結婚式の予算 例)ご祝儀180万円+⾃己負担70万円=250万円

親からの援助は「両家で折半」が過半数! 総額50万円程度が一般的

もう一つ気になる「親援助」については、両家で分担して用意してもらうのが一般的です。その気になる決め方は、アンケートによると、「両家で折半」が54.5%、「招待ゲストの人数比」が17.4%、「項目ごとに分担」が13.6%でした。たとえば新郎側のゲストが多くても「新婦の衣装代が高かったので、いろいろ考えた結果折半にした」(30歳 / 神奈川県 / 女性)という声も。ケースバイケースですが、親とお金のことでもめないようにスマートな分担方法を話し合っておきましょう。

もちろん、親から結婚式費用の援助を受けたくない・親から援助を受けられないというケースもあるので、それぞれの費用分担を含めて、支払いの前に話し合って決めておきましょう。

Q親の結婚式援助はいくらだった? 50万円以下 40.3%、51万円~100万円 17.8%、101万円~150万円 13.8%、151万円~200万円 9.4%、201万円~250万円 10.1%、251万円~300万円 2.0%、300万円以上 6.7%

結婚式の料金はいつ支払うの? 会場によって異なるので確認を

自己負担金額とご祝儀分を合わせて予算を組むといっても、ご祝儀をもらう前(=結婚式の前)に会場に代金を支払うケースも多いので注意しましょう。ここでは、挙式費用の支払いタイミングについて解説します。 結婚式の料金を結婚式場に支払うタイミングは主に【会場決定時(=契約時)】と、【招待人数や内容がすべて決定したあと】の2回です。

会場によって料金の支払いタイミングは異なりますが、【結婚式前】に支払う会場がほとんど。近年ではご祝儀払いOKの挙式会場も増えているので【結婚式当日】や【結婚式後日】の支払いでOKの場合も。「親からの援助や貯金などの自己負担金がなくて心配」というカップルにはうれしいですね。マイナビウエディングでは、挙式費用の「当日払い」「後払い」対応の会場を検索できるので、ぜひ会場探しに役立ててください。

          

料金の支払いタイミングは2回 契約。申込時(内金 5万円~20万円) + 人数・内容確定後式前日・当日・後日のいずれか(内金を除く全額)

まずは大まかなダンドリを知って、いつどれくらいのお金が必要かを把握しておきましょう。


▼挙式費用「当日払いOK」「後払いOK」の会場をエリアから探す▼


貯金や親からの援助がなくても大丈夫! 自己負担0円でかなう結婚式プランをチェック

結婚式費用で貯めたマイルで新婚旅行へ!? 航空会社のマイルが貯まる結婚式場やカード払いOKの会場を見る

結婚式費用の支払いタイミング、先輩カップルはどうしてる?

結婚式のお金・費用徹底ガイドTOPへ






< 結婚式の見積もり書 後悔しないもらい方  |  一覧へ戻る  |  お礼・お車代・交通費・宿泊費...見落としがちな結婚式のお金 >