「LINEプロポーズ」のアイデア集☆ LINEのロマンティックな使い方まとめ


スマートフォンユーザーの大半が使用していると言われる人気コミュニケーションアプリ「LINE」。LINEをきっかけに交際が始まったカップルもいるのではないでしょうか。ただ、プロポーズとなると話は別!? 簡単で便利なコミュニケーションツールゆえに「なんでLINE!?」と引かれる可能性があり、安易に選ぶと危険度大な「LINEでのプロポーズ」。でも、物もアイデアも使いよう。こんなLINEのプロポーズなら、彼女のあっさりOKしてしまうかも? 

直接口で「結婚してほしい」と伝えるのは照れくさくて恥ずかしい……なんていう、照れ屋な男性にもおすすめの「LINEを使ったプロポーズ・アイデア」をまとめてみました。

LINEといえばおもしろスタンプ!

■スタンプでまさかのプロポーズ予告

実はLINEスタンプの中には隠された意味のあるスタンプが! それが左の髭のムーンのスタンプです。なんとこの奇妙な印象のスタンプには「I LOVE YOU」の意味があるそう。親指と人差し指、小指を立てると「I LOVE YOU」という手話になるそうです。彼女へのプロポーズの前にこのスタンプを送ってみて後でネタ晴らし♪ なんていうのも面白いかもしれませんね。

便利な地図送信機能で小説のようなプロポーズ

■位置情報で送られてきた、最後の場所は……

LINEにはさまざまな機能がついているため、それを使ったプロポーズもいいかもしれません。例えばLINEの地図送信機能。これを使ってできるのが、位置情報を使ったプロポーズです。

ふたりが過ごしてきた思い出の場所を巡りつつ、位置情報や画像を送って「ここで過ごした日のこと、覚えてる?」と彼女に送ってみてはどうでしょうか。
自分たちの重ねてきた足跡をたどりつつ、最後に訪れる場所は「教会」。「次はここで会おうよ」とメッセージでプロポーズするのもいいし、直接彼女に会ってプロポーズしたいなら「ここで待ってるから来てほしい」なんて伝えるのもまるで映画や小説のようでロマンチックですね。

具体的な画像で、将来のふたりをイメージさせる

■将来、僕とどんな家に住みたい?

位置情報と同じように使えるのが画像を使うプロポーズ。2人で将来住みたいと思うような物件画像をたくさん彼女に送り、「将来、僕とどんな家に住みたい?」なんてプロポーズもLINEなら可能です。更に犬派の彼女なら、可愛い犬の写真を送ってその家でこんな犬を一緒に飼おう! なんてのもありかも。画像があることでふたりのキラキラした未来が想像できて、結婚へのテンションもあがるかも。

友だちに協力してもらって、動画や集合写真でプロポーズ

■フラッシュモブ動画でプロポーズ

実際にやるとなるとお互いに気まずい思いをしてしまいそうで、少し怖いフラッシュモブでのプロポーズ。ただ動画なら、彼女もサプライズで素直に喜んでくれるかもしれません。まずはLINEでプロポーズ動画制作に協力してくれる友人のグループを作ってプロジェクト開始!
フラッシュモブに限らず、動画を制作するのが好きな男性なら、監督気分でプロポーズムービーを作るのもいいかもしれません。LINEの場合、あまり長編だと動画が送れない場合もあるため、短編でも意思が伝わり感動できそうなプロポーズムービーを作るのがコツ。
一瞬のプロポーズを、ムービーとして保存することで何度もそのシーンを見ることが出来るのも素敵!スマホだからいつでも持ち歩いて彼の愛情を感じられるし、結婚後に喧嘩してしまってもこのムービーがあればピンチを乗り越えられそう!?


■友だち全員と集合写真でプロポーズ

プロポーズも友人の力を借りれば百人力。ただしフラッシュモブとなるとプロの力を借りなければビシッとキメるのは難しいですよね。その点、手軽にできるのが集合写真を使ったプロポーズ方法。集合写真でメッセージを伝えるなら、プラカードや人文字で「MARRY ME?」の文字を作って撮影するだけでOK。
LINEは普段よく使っているアイテムだけに、サプライズが効果的にできるかも。「友人たちと遊びに行ってくる」とお出掛けして、お土産にこんなサプライズLINEを作って送れば、彼女もびっくり&感激してくれるかもしれません。



■おまけ(映画好きのカップルへ!)

ネットで知り合った男女2人が、メールのやり取りで心惹かれあっていく様子を描いた映画「ユー・ガット・メール」。この映画でグッとくるシーンが「コーヒーか、お酒か、夕食か、映画に行かない? 僕たちが生きている間ずっと」というプロポーズシーン。

もしこの映画がお気に入りなら2人でこの映画を見た後、次のデートを約束するときにLINEでこのフレーズを使ってみるのもいいかもしれません。口で伝えるのが恥ずかしい、ちょっと甘めなプロポーズでもLINEなら気軽に送れそうです。


●まとめ

LINEは日常的によく使うツール。そのため、LINEでプロポーズする場合は女性から「手抜き」に見えたり、「大切にされてない」と思われたりすることがあります。ただそのイメージがあるからこそ、凝った演出をすれば逆に「いいギャップ効果」が狙える場合もありそう。

口で自分の気持ちを伝えるのが苦手な男性は、ぜひ色んなアイデアを駆使しておもしろいLINEのプロポーズ方法を考えてみては!? 言葉でシンプルに伝えるよりも、想いが伝わりやすくなるかもしれません。

※掲載のアイデアは全てマイナビウエディング編集部が独自に作成したものであり、LINE株式会社との関連性はありません。
※画像は本文と関係ありません。

(ファナティック)


プロポーズTOPに戻る

< 本当に結婚する気あるの? プロポーズされたのに、話が進まず悩んだエピソード集  |  一覧へ戻る  |  プロポーズを盛り上げるBGMまとめ☆ ラブソングで最高に幸せなシーンを演出  >