婚約指輪を買う時期:婚約指輪のQ12

PICK UP コンテンツ

2019年オリコン顧客満足度®2年連続No.1ありがとうキャンペーン!指輪購入で最大10万円分の電子マネーをもれなくプレゼント!
婚約指輪を買うタイミングはいつ? 結納や顔合わせの前には準備したほうがいいのでしょうか。

編集部の注目ポイント
プロポーズ前に購入する派と、プロポーズ後に購入する派に分かれているみたい!
婚約指輪を購入するタイミングは大きく2パターンあるようです。1つ目は、プロポーズの前に購入するケース。 2つ目は、両親の顔合わせ前に購入するケース。サプライズ・プロポーズで指輪を用意するなら前者に、プロポーズが成功してから一緒に購入する場合は後者になります。ふたりの性格や状況に合わせてお好みのタイミングで贈ってくださいね。

結納・顔合わせ時には用意しておくのが一般的
プロポーズ後に購入する場合、結納や両家顔合わせの際には「けじめ」として用意しておくのが一般的ですが、両親や祖母から婚約指輪を受け継いだり、どちらかの両親が婚約指輪選びにこだわりがあるなどで、両家挨拶後に購入することもあるようです。「もしかして、そろそろ結婚……?」と感じたら、お互いの家族のしきたりや雰囲気を確認しておくと、後々スムーズかもしれません。

最低でも、必要な時期の1ヶ月前にはお店へ!
婚約指輪を購入する際、店頭に並んでいるものならすぐに手に入ると考えがちですが、オーダーメイド(受注生産)の場合も多く、またサイズ調整やイニシャルなどの刻印を希望するなら当日に持ち帰ることはできません。
納期はショップによって異なりますが、人気店やフルオーダーならだいたい2ヶ月。既存のデザインに選んだ石を組み合わせるセミオーダーなら1ヶ月、お急ぎでも1週間ほどかかると考えて。仮にサプライズ・プロポーズの際に用意しておきたいのであれば、かなり早めからの準備が必要です。
結婚指輪の場合も納期に大差はありません。ただ、本格的に結婚式準備がスタートする3ヶ月前からはとくに忙しくなるので、できれば余裕のある4〜5ヶ月前がおすすめ。「自分にはいつまでに必要か」という予定から逆算して、ショップに足を運びましょう。

来店予約でスムーズに購入を。お得なフェアも要チェック
婚約指輪も結婚指輪も、スムーズに購入する一番の近道は予約来店です。まずはインターネットで好みの指輪が揃うショップを見つけ、来店予約を入れて。お店での待ち時間を短縮できる上、混雑時でもじっくりとスタッフに相談することができます。ブランドやショップによって「ブライダルフェア」が開催されていることも!フェアの期間中に購入すると素敵なノベルティがもらえたり、ダイヤモンドがアップグレードされるなど、特別なプランが用意されていることがあるのでチェックしてみて♪

婚約指輪を買う時期:婚約指輪のQ12

婚約指輪を買うベストなタイミングはいつ?

婚約指輪(エンゲージリング)は両家の顔合わせ前に購入して、身に着けてお会いしたほうが良いですか? 挨拶を済ませて買ったほうが好印象でしょうか。

アイプリモ

アイプリモでは、デザインとダイヤモンドを選んで組み合わせるセレクトオーダーの婚約指輪が人気です。プロポーズと一緒に婚約指輪を贈られる場合、指輪のご用意に1ヵ月~1ヵ月半程度必要になります。指輪のデザインやイニシャルなどの刻印を考える時間を含めると、3ヵ月前を目安に検討を始めると余裕をもってご準備できますので安心です。人気のデザイン10種類を翌週土曜にお渡しする「お急ぎ仕上げ」の有料サービスもございます。日曜のご購入なら最短1週間でのお渡しが可能です。

>>親身な対応と提案力がカップルから高評価「アイプリモ」

ANELLI DI GINZA (アネリ ディ ギンザ)

以前は婚約指輪はプロポーズの際に用意をし、結納や両家顔合わせに臨むというスタイルが一般的でした。必然的に早めにご購入される方が多かったように思いますが、現在は顔合わせや挨拶の仕方も多様化しているのを感じます。お住まいのご地域の慣習、ご家族の意向に沿うタイミングでご用意されるのもよろしいかと思います。当店にはプロポーズや顔合わせ前にダイヤのルースでシルバーの仮リング→後日ゆっくりデザインを選び本物の婚約指輪を完成させられる「ロマンティック プロポーズプラン」がございます。ご活用いただければ幸いです。

TAKEUCHI (タケウチ)/問屋 彩花さん

両家のお顔合わせは、大きな節目のご挨拶となります。できればお顔合わせをされる際に指輪をお披露目されることをおすすめ致します。お顔合わせ後に購入されるよりも、双方のご両親もお喜びになられるのではないでしょうか?

ADAM (アダン)/佐藤 弘美さん

婚約指輪は結納やお食事会など、会席にお日にちを合わせご用意される方が多いようです。身に着けて行かれたりお持ちになられたりと、そのスタイルはさまざまです。当店はオーダーメイドでお作りすることが多いため、最初にリングのデザイン画を作成致します。リングの制作が間に合わなかった場合、デザイン画をお持ちになりたいというご要望をいただくこともございます。

I’s stone (アイズストーン)/千葉さん

もともと婚約指輪は婚約の証として、結納の席に用意しておくものでした。本格的な結納を行うカップルが減りつつある現在も、略式として両家の顔合わせをされることと思います。顔合わせの席で身に着けられていたほうが、双方のご家族も安心されるのではないでしょうか。アイズストーンでは、結納用のし付高級桐箱のご用意もございます。

>>ピンクダイヤやフォーエバーマークなど、こだわりの婚約指輪は「I's Stone(アイズストーン)」で

pommier(ポミエ)/星文子さん

「ポミエ」では、サプライズ・プロポーズ前に購入されるお客様が多くいらっしゃいます。「小枝葉」など、婚約指輪としては価格も控えめで、日常的に使いやすい可愛らしい指輪が多いので、ナチュラルな雰囲気がお好きな女性には、ほとんど確実に喜んでいただけるためでしょうか。
もちろん、プロポーズ成功後にカップルでいらっしゃる方もおられますが、婚約指輪の場合はネットでふたり一緒に見ていたものを、男性だけがサプライズで買い求められるケースもあります。「ふたりらしさ」を大切にされ、結納や顔合わせなどのかしこまった場を持たれずに、お食事の際などに自然体で披露されるお客様が多いのかもしれません。


garden (ガーデン)

特別な決まりはないと思いますが、伝統的な流れとして指輪とともににプロポーズ、婚約後に両家へのご挨拶という文化もございます。顔合わせの際、指輪をご覧になるのを楽しみにされているご親族も多いとうかがいます。おめでたい席での話題のひとつにもなりますので、可能であれば用意されたほうが喜ばれると思います。当店ではダイヤモンドだけを先にご購入することもできますので、ぜひご活用ください。



BRILLIANCE+(ブリリアンスプラス)

すでにプロポーズを済ませていて、これから彼女の実家へ結婚の挨拶に行く、結納や両家の顔合わせをするという場合は、その日に間に合うよう婚約指輪を用意するのがおすすめです。大切な想いを込めた婚約指輪を着けている姿を見ることで大切にされているのだなと彼女のご両親様もとても安心されると思います。またこれからプロポーズをする予定であれば、彼女の誕生日やお二人の記念日、クリスマスやホワイトデー等、イベントに合わせて指輪を用意してはいかがでしょうか? あえてなんでもない日をプロポーズに選び、その日をお二人の新たな記念日にする、というのも素敵です。

>>圧倒的なデザイン数と品質・価格が魅力の「BRILLIANCE+(ブリリアンスプラス)」へ