婚約指輪を着ける期間:婚約指輪のQ18

PICK UP コンテンツ

2019年春 指輪探し応援キャンペーン!来店予約で6,000円分の電子マネーをもれなくプレゼント!
編集部の注目ポイント
婚約期間に身に着けるエンゲージリング。もらった瞬間から結婚後まで、好きな時に身につけて
婚約指輪をいつ身に着けるのか?といえば、通常は婚約してから入籍までの期間とされています。厳密にいえば結納の際に指輪がお披露目され、男性から贈られたときが着けはじめのタイミングです。しかし現代では男性がプロポーズして婚約指輪を差し出し、女性がOKして指輪を受け取り「婚約成立」となるのが一般的な流れ。つまり贈ってもらった瞬間から身に着けても、時期として間違いではありません。結納の際は「プロポーズのときに頂戴しました」と言葉を添え、着けている指輪をお披露目しましょう。

結婚後も祝いごとやパーティシーンなど、身に着ける機会は少なくありません。シンプルなデザインであれば、普段からお出かけのときなどに使っても。最近は結婚指輪とのセットリングにして、日常使いする人も多いようです。

婚約指輪を着ける期間:婚約指輪のQ18

婚約指輪を着けるのは、いつからいつまで?

婚約指輪はいつからいつまで着けるものですか? 着ける時期・タイミングを教えてください。

ICHAROI(イサロイ)/杉本さん

「いつから」という決まりはありませんので、婚約指輪を贈られたときから着けても大丈夫です。繊細なデザインや高価なダイヤモンドをあしらった指輪が多いため、「大事な場面だけ」着けるという方もいらっしゃいますが、シンプルで落ち着いたデザインでしたら普段使いも可能です。柔らかい印象の「Vert d'eau(ヴェール・ドー)」をはじめ、結婚指輪との重ね着けを楽しめる当店のセットリングもおすすめです。ぜひスタッフにご相談ください。

EXELCO DIAMOND (エクセルコ ダイヤモンド)/コンシェルジュ

婚約指輪は「婚約をしてから結婚式当日」までの、婚約期間に身に着けます。リングを着ける習慣のない方はとまどわれるかもしれませんが、婚約期間中は常に着けることが基本。ぜひ特別な期間を華やかな気持ちでお過ごしください。結婚式後は祝いごとなどのフォーマルな場面、記念日などに使うイメージの方が多いかもしれません。ご友人との集まりや外食時など、日常より少し特別なシーンにもぜひお使いいただければと思います。当店では婚約指輪と結婚指輪をひとつのデザインとして考案した、セットリングも豊富です。2本を重ね着けすることで完成するので着けたときの美しさはもちろん、着け心地の滑らかさも実現します。

>>最高級ダイヤモンドを使用した華やかなリングが豊富に揃う「エクセルコ ダイヤモンド」

PROPOSE(プロポーズ)/スタッフ 鎌田さん

婚約期間から入籍までの間にお着けになるのが一般的ですが、婚約指輪をもらったときからお守りのようにお着けになる方もいらっしゃいます。入籍後は結婚指輪との重ね着けをし、外出時やお呼ばれの席はもちろん、デザインにより日常的にお着けになる方も。当店でも婚約指輪と結婚指輪のセットリングを数多くご用意しております。お客様のご希望に添うデザイン、予算ですぐにご提案させていただきます。なんなりとお申しつけください。

>>品揃えは北海道内トップクラス。独自の審美眼で個性豊かなバリエーションが揃う「プロポーズ」