指輪のサイズはいつ測る?:指輪全般のQ11

PICK UP コンテンツ

2019年春 指輪探し応援キャンペーン!来店予約で6,000円分の電子マネーをもれなくプレゼント!

指輪のサイズはいつ測る?:指輪全般のQ11

指輪のサイズはいつ測るのが正解?

むくみやすい体質なのですが、指輪のサイズはいつはかるのが良いですか? おすすめの時期や時間帯などを教えてください。

ANELLI DI GINZA (アネリ ディ ギンザ)

指のサイズは常に一定ではありません。時間帯や季節、体調などさまざまな要因によって変化します。おおよその平均的なサイズを知るためには早朝や深夜を避け、最も平均的なサイズになるとされる10時頃〜16時頃に計測するのが良いでしょう。また冬は指が引き締まり夏は膨張することから、冬場に測ったサイズでご購入されると夏場にキツくなることも。ある程度のむくみを考慮された上で、サイズをお決めください。


>>サイズの相談も「ANELLI DI GINZA(アネリ ディ ギンザ)」にお任せ


A・D・A (エー・ディー・エー)/山田 真知子さん

季節やその方の体調などによっても変わりますが、基本的には午後の時間帯で計測するのがもっともブレがありません。指輪ですので常にぴったりのサイズをキープすることは難しく、多少の変動は仕方がないものです。「どうしても指に入らない」「手を振ったら抜けてしまった」などサイズが大きく変わった場合は調整されたほうが良いと思いますが、装着時の多少の動きは気になさらず、そのままご使用されて差し支えないと思います。


>>店舗すべてがアクセス良好!「A・D・A(エー・ディー・エー)」で気軽に相談


ケイウノ ブライダル

むくみが出やすいのは血流が良くなり血管が膨張する夏の季節、また夕方の時間帯とされています。指輪のサイズを測るのは、一番むくんでいると感じるタイミングが良いでしょう。とくにむくみが出やすい体質の方は、日によって指のサイズが変化することも多いようです。サイズ計測は別々のタイミングで2度行うことをおすすめします。当ブランドの指輪は内側に金属をたっぷりとプラスすることで丸みを作っているため、なめらかな着け心地を体感していただけると同時に、むくんだときの指輪の着け外しも痛みを感じにくいようになっています。さらに指輪に厚みが生まれるため、むくみで指輪が肌に食い込んでいるように見えないというメリットも。常に美しく指輪を着けられる工夫がされております。


>>指がむくんでも着け外しスムーズ。そんなリングを「ケイウノ ブライダル」でGET


Aroode(アローデ)

指輪のサイズは季節や時間帯にもより、1号〜2号変わる方もいらっしゃいます。冬場は毛細血管が収縮したり、乾燥するため細く感じられることが多いようです。逆に夏場は水分の摂取量が多くなりますので、むくみやすい傾向にあります。また季節の変わり目も、むくみが生じやすくなります。時間帯でいえば、一般的には夕方がむくみやすいようです。同じお店で2回、違う日に測ってみると良いでしょう。当店では指輪を0.25号刻みでオーダーしていただくことが可能です。デザインによってもサイズは変わります。指の形やその日の体調などもカウンセリング致しますので、ご安心ください。





con affetto (コンアフェット)

気温が上がる夏は指が膨張しやすく、気温が下がる冬は引き締まるといわれていますが個人差があります。午前10時から午後4時くらいまでが変化のない時間帯といわれていますので、まずはその時間帯でご計測ください。さらに夕方以降に測った場合とはどのくらい差があるのか、ゆるめキツめどちらの着け心地がお好みかをご自身で確認しておかれると良いと思います。店頭でもスタッフがアドバイスさせていただきますので、ご安心ください。